100人のよくわからないフォロワーより、1人の濃いファンの方が重要

スポンサーリンク

プロ引きこもり(@luckyman0302)だよ。ども。

最近、いや最近だけでなく常にネット上で活動する人は「フォロワーの増減」に関心があるみたい。

  • フォロワーを増やすノウハウ
  • フォロワーが多い=インフルエンスがある

という発信や風潮がすごい。

でもこれってそうなの?と。

少なくとも、俺は違うんじゃないか?と感じる。

そのフォロワーってなんのためにいるの?

フォロワー13,560人

こういう数字を見ると、多くのネットユーザーは、

くますけ

くますけ
なんかすげえ

って思うんでしょう。

けど、そのフォロワーって一体なんなんだろう?

と俺は常に疑問で。

なんのために存在していて、なんのために獲得するのか?

  • クラファンで支援してもらうため
  • 単純にRTやいいね!が稼げる
  • 権威性

とかいろいろあるんだろうけれど、それって必要なの?と。

増やそうとして増やした人間関係に、ロクなのがあった覚えがない

18741881 1322100971237507 903303216 n

リアルでの人間関係もそうなんだけど、増やそう…作ろう…として作った人間関係でいい思いしたことってほとんどないんだよなあ。

それは増やすこと、接点を持つことが目的になってるだけで、その先がないから。

ひきこ

ひきこ
人間関係を増やそうっていう義務感ってなんだ?

と。

人間関係は作るものではなく、できるものじゃないの?

と。

ずっと昔から、

くますけ

くますけ
彼女欲しい〜彼女作りてえ〜

みたいな言い方に疑問だったんだけど、彼女も作るものっていうよりかは「できるもの」なんじゃないの?

なんかもろもろの縁あって、できるもの。

自然発生的なもの。流れに身を任す的な。

人間関係を作る、増やす

と同じくらい

フォロワーを増やす、作る

ってのは違和感があるんだよな…。

そんな一生懸命作った関係を、どうするの?

その後一生懸命ギブして、ファンになってもらう…

うん。わかるけど。

でも、ファンになるかどうかも、成り行きなんじゃないのかな。

くますけ

くますけ
ファンになってもらうべく、ギブをする

この言葉がなんか押し付けがましく感じるんだよね。

言い換えれば、

くますけ

くますけ
ファンにさせるためになんかやる

わけでしょ。

それって、作り物のハリボテでしかなくない?

打算と計算の結果に生まれたもの

ファンになるかどうか?は相手次第だし、ファンになるやつはなるし、ならないやつはならない。

そこに打算たっぷりで頑張る重要性ってなんだ?

だったら素のまま発信して、それにファンがつく方が普通じゃないの?

そんでそういうファンの方が、色目使ったわけじゃないからちゃんとした濃いファンなんじゃないの?

関連記事 👉 プロブロガーが伝授!読まれるブログにするためのブランディングの本質

100人のよくわからないフォロワーより、1人の濃いファンの方が重要

Agree 2

フォロワー集めに躍起になるのもいいけどさ、でも大事なのって自然体でいたところに自然にファンになった人が来ることだよね。

頑張ってファンを作ろうとしても、さるやつは結局去るんだよ。

熱狂してるのは最初だけ。

どっちかというと最初に熱狂してる人ほど、冷めるのも早い。経験上。

関連記事 👉  やたら賞賛&ヨイショしてくる奴、だいたいすぐいなくなる説

本当の濃い関係性って、数ではないし、なんてことない感じで繋がるもんなんだと思う。

そういう人は色目に惹かれるわけでもなく、単純にその人そのものが好きになってるような人。

だから無理に数増やしなんかしなくっていいし、それが影響力!だと思ってるならそれは勘違いもいいところだよ。

こっちもフォローしてね!
  1. ブログの3倍役にたつ無料メルマガ(特典や限定コミュニティあり):いのぴーのひとりで稼ぐもん!
  2. プロ引きこもりのリアルタイム:Twitterをフォローする
  3. いのぴーのプロフィール(動画あり):プロ引きこもりとは?

最新記事一覧はこちら