coincheckの580億円相当のXEMのGOX事件に関して思うこと

スポンサーリンク

プロ引きこもり(@luckyman0302)だよ。ども。

昨日は仮想通貨の歴史に残る大事件があったねえ。

いつしかおきそうだな〜って思って去年5月にこんな記事も書いてたんだけども。

coincheckからXEMが518億円相当奪われたっていう。最大規模のGOX事件。

会見もみたけど、複雑な感じだね。

coincheck側に非がないとも言えないけど、会見の様子も変だし、ユーザーの反応もおかしいし。

coincheckさんはセキュリティとして以下のことをしてなかったみたい。

これは確かに、過失だと思われちゃいましょう。

CMを大々的に打ってきただけあって、金の使い道違うよね?っていう反応が増えそう。

で、こういう輩がわんさか湧くんだろうなあ。

会見も、ひたすらcoincheckサイドを攻め立てるような内容で、みててなんとも言えない気持ちになった。

まるでリンチ。

物事の本質的に誰が一番悪いのか?

会見をみたら、一般ユーザーは記者に同調してcoincheckに怒りの矛先を向け続けるんでしょう。

投資家を「お客様」と称したのもあかんね。

あくまで各自の責任のもと、仮想通貨に参戦したわけで。リスク喚起もしてたわけだし。

最終的に悪いのは、俺ら一般ユーザーなんだよね。

そもそも規約読めばわかるように、信託保全の記載もないし、リスクに関しても訴求はされてる。

CEOがボディガードつけてるくらいなんだから、良からぬ連中から狙われてるし、そういう市場だってことも雰囲気レベルでわかるしね。

それがありながらも、「ご丁寧に」取引所に資産をおきっぱなしにしてたのはだーれ?って話なんだよな

今回の事件は、CCを攻めるよりも、投資家である俺らはここから教訓を得ないとだと思うんだよ。

また、今回のでハードウェアウォレットを買う人も増えると思うんだけど、買い方注意ね!

思わぬ二次災害があるかも知んないよ

アマゾンではなく正規店で買うこと。アマゾンで買いたい人は、公式サイトにある正規代理店の出品してるものを買うこと。

俺の勝手な予測だけど、

  1. また焦ってハードウェアウォレットを買おうする情弱、安易にブロガーのアマゾンリンクから買う
  2. マルウェアなど仕込まれた端末ゲットして送金
  3. からの二次災害GOX

起きまくるだろうねww

ここはledger nano Sの正規販売店なので安心して買えるよ!品薄になってるので早めにどうぞ。

個人的には、coincheckさん使いやすくて好きなので、事態が収束して使い続けられることを願ってます。

頑張ってほしいっすなあ。

2/10 追記 : セキュリティ面が心配なら、bitbankがおすすめ!

いくらcoincheckに復活して欲しいといっても、資産が失う可能性があるのに使うのは…今はちょっと…って思うのは当然です

なのでセキュリティ面もしっかりしてて、かつ買いやすい、かつ手数料もお得な取引所もご紹介するよ!(もちろん認可業者)

それがbitbank

  1. ここはすべての資産がコールドウォレットで管理されてるので、ハッキングリスクはかなり低いので、安心
  2. さらに、入金も即日反映するので買い増しのタイミングも逃しにくい
  3. 板取引なので、手数料が格安(っていうか上記画像の通り手数料なし)

俺は今のところはここを国内ではメインで使ってるよ!

関連記事 👇

  1. 仮想通貨投資で盛りあがってるけど「純金積立」もいいと思うぞ?
  2. 仮想通貨の投資で損する人と得する人の特徴とちがいをまとめる

仮想通貨投資初心者におすすめの無料仮想通貨コミュニティ&情報サイト

  1. LINEで仮想通貨の速報ニュースが届くので、日々の動向を簡単にウォッチできる
  2. おすすめICOの情報も届くので、案件精査の基準にしやすい
  3. 各種取引所のマニュアルが網羅されている
  4. 動画で仮想通貨への投資、ICO分析などの方法論の学習ができる
  5. オンラインウェビナーも定期的に開催されていて無料なのに提供量すごめ
  6. テレグラムなどのチャットグループも交流が盛ん

などなどが無料で受け取れます

ぼくはあまりTwitterなどで情報収集はしないのですが、ここだけは見るようにしています(というかここ見れば大抵のことは把握できるかな?と)

登録することを強くオススメします

詳細はこちら

こっちもフォローしてね!
  1. ブログの3倍役にたつ無料メルマガ(特典や限定コミュニティあり):いのぴーのひとりで稼ぐもん!
  2. プロ引きこもりのリアルタイム:Twitterをフォローする
  3. いのぴーのプロフィール(動画あり):プロ引きこもりとは?

最新記事一覧はこちら