コンサルティングを事業としてやらない理由

スポンサーリンク

プロ引きこもりのいのぴー(@luckyman0302)だよ。ども。

質問が来たので答えるよ!

くますけ

くますけ
能力高いように見えるけど、コンサルとかせえへんの?
ひきこ

ひきこ
やらん!めんどい!

って話

コンサルティングは事業としてやるには重い

能力高いか?は知らないけれど、俺のところにはコンサル依頼だとか、そこまででなくっても質問とか相談はなぜかけっこうくる(本当になんで?)

でも、コンサルティング業をやる気にはなれないんだよねえ。

少なくとも、3ヶ月で数十万とかそういうレベルでないと費用対効果が薄い。

ただ相談にのるのがコンサルではない

最近は「うんたらコンサル」ってサービスをみんなやってっけど、コンサルってそんなちゃっちいもんじゃないんだよね

マジでコンサルするってなったら、

  • 競合分析
  • 相手の性格の分析
  • 市場分析
  • テストマーケ
  • データどり

とかいろいろやんなきゃいけないよね。

でも、それをやるのはコンサルだけでなくコンサルされる側も動いてもらわないといけないわけ。

代わりにやってあげますよってのはできないし、やりたくないし。

そうなると、単純に自分の労力だけでなくコンサル相手のマネジメント的なところも必要になってくるじゃん?

ひきこ

ひきこ
クッソめんどくせえ

んですよ。ええ。

対企業だとしても、

くますけ

くますけ
なんだこいつ?外部のくせに口だしてくんじゃねえよ

って雰囲気をまず壊して現場の信用を得るところからスタートせんといけんしね。有名でもない限りは。

対個人の場合、

くますけ

くますけ
この人に頼めばどうにかなる!

みたいな人もいたりするので、そこの教育からしないといけなかったりする。まあここはフィルタリングすれば防げるけど。

(でも人は演技できるから完全なフィルタリングは無理)

…と、本来すべきこと以外の「仕事のための仕事」が自然発生しまくるわけ。

だから正直労力に対してのリワードがよろしくないっていう。

オンラインサロンも類似してる

これはオンラインサロンでも一緒で、サロンはコンサルほど重くはない、運営側も購入側もライトなサービスではあるけど、そこそこ運営は大変。

だから稼ぐためにサロンをやるってのは正直あまりオススメできないよ

関連記事 👉 「稼ぎたいし稼げるからオンラインサロンやる」ってのは全力でオススメしない

まあぼくは在宅で稼ぎ散らかすサロンってのをやってるけど、やってるからこそ。

ただ稼ぐためだけだったら、2年とか運営するのはだいぶしんどい。笑

コンサルを事業としてやるなら、高額にしないと割りに合わない

18601183 1318726738241597 425907611 n

コンサルは顧客商売としては最上級に労力がかかるもの。

だからやるならば、費用は高くした方がいいよ!

または期間限定にするとかね。または顧客をゴリゴリフィルタリングするか。

ぼくは今後コンサルを事業として取り組むことはまあ、ないかなあ。

サロンで手一杯だし、他に優先すべきこともあるし。

もしあなたがコンサルをやろうとしてるなら、

  • 高額
  • かつ期間限定
  • かつ面接挟むなどして顧客のフィルタリング

この3つは徹底した方がいいよ!

マジで!

こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. いのぴーのプロフィール(動画あり):プロ引きこもりとは?
  3. プッシュ通知で更新情報をうけとる:

最新記事一覧はこちら

関連記事

(自称)ラッパー宮森はやと(@Miyamo_H )を笑うな

「普通じゃない善人」を裁きたくて仕方がない「普通という悪人」の存在

政治はプロレス。すべて予定調和で出来レースのパフォーマンスでしかない

「頑張らなくていい」のと「好きなことして生きる」の本当の意味

脱サラしたいなら必読!できることを仕事にすると起業に失敗しない理由

既読スルーの美学。メールの8割に返事をしない5つの理由。