会社員disフリーランスと会社員肯定リーマンのとなり町戦争

スポンサーリンク

こんにちは!プロ引きこもりのいのぴーです

いつまでやってるんだい?この言い合い??

正直どっちでもいいっっつーか、他人のそれって激しくどうでもよくね?っていうか、

やめたい奴は自分でやめろ

って話だと思うのだけれど

AIに仕事が奪われるのはサラリーマンに限った話でもなく、フリーランスのほとんどの仕事もAIに奪われる可能性、あると思うのだけれど

というか、サラリーマンとフリーランスってやってることは大差なくて、

  1. 資本家の労働力になってるか?
  2. 自分を自分株式会社の労働力として動かしてるか?

の違いでしかなく、行ってる事業形態はあまり変わらん

事業資本がどうこうというのは間違いなく、労働対価としての報酬ではなく資産的収益を作るのは無論大事

ただし、その事業資本というもの自体が、サラリーマン同様新時代の波にぶっ壊される恐れももっちもちにあるわけ

数年で潰れる事業や会社組織がほとんどな世界で、個人の作る事業資本ももちろん潰れる可能性はありまして

そしてこの激動な時代においてはそのサイクルは無論早くて、今ぶいぶいいうてるフリーランサーが潰れる可能性もそれなりにたかい

無論、ぼくもそう

いうて、化物クラスの資産家でもない限り、吹けば飛ぶようなレベルなわけです。同じ穴のムジナです

なので、フリーランスで自由だからって、disれないっていう話

disられたから熱くなってるリーマンも、それは自分に自信がないだけだと思うの

リーマンでも、成り上がる奴はいるし、そうなるチャレンジしてる人はdisに過剰反応もしないわけで。自分の道への確信度がないだけでは?

ぼくは常々、賢くサラリーマンをやってる人が最強だと思っていまして、つまりそれはサラリーマンを株式会社自分の事業の一部としてやってるってこと

サラリーマンという一本柱だけではそりゃいまの時代やっべっぞって話だけれど、

サラリーマンという特権と、かりそめの安全性をフルボッキ活用して「サラリーマンという事業を行いながら別の収益源」を作ってる人は、フリーランスのそれを全然優位性は違ったりします

なんせフリーランスは「資金調達」がクラファンなどでしかできないので

サラリーマンの場合は、銀行っていう選択肢もあり、それを活用して、さくっと資産構築からの海外へキャピタルフライトさせて「現代の奴隷の皮をかぶった資本家(サラリーマン)」になってる人、実はぎょーさんいましてね

逆に「現代の資本家の皮をかぶった奴隷(フリーランス)」もいらっしゃるわけで

ぼくですか?ぼくは「現代の奴隷の皮をかぶった純度100%の奴隷」です

他の追随を許しません

で、彼ら奴隷風資本家いわく「たかがブロガーごときがなにいうてんの??」という感じでして

よもや有名ブロガーの名前すら知らないくらい「アウトオブ眼中」なわけです

つまり、この非生産的な論争に混ざってる人たちは、信念や確信もない人が、マウントすることがそもそもの商売な人に降り回れてるだけなのですね

結論を言えば、

他人のワークスタイルとかどうでもいいから自分らの方向性に従ってやればよくね?

なのです

他人からの指図に熱くなるのは、その方向性に自信がないだけって話

関連記事:最強のキャリア論。サラリーマンVSフリーランス論争に終止符を打とう

あー10億落ちてねーかな

こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. いのぴーのプロフィール(動画あり):プロ引きこもりとは?
  3. プッシュ通知で更新情報をうけとる:

最新記事一覧はこちら

関連記事

初めてのことでも短期間で必ず成果を出すための3つのコツ

余白が大事!人間は行動的になりすぎるとアウトプットができなくなる

話し方が下手くそな人は人をいらいらさせるから注意した方がいい

フリーランスやサラリーマン、いや全人類に必要なのは「自分事視点」だ

「無駄な努力」をなくすための方法は「適正を見極めること」

たられば不要論。「たられば」をやめないとその願望は叶わない