【完成】Facebookの教科書(初級編)。世界観を作り、分散型メディアを育成するコツを公開します。

ブログが削除されても収益ダウンなし!Facebookを育てて分散型メディアを作り、世界観を構築していく方法を公開します。

LINE@コラムで先行公開し、すでに10名以上が購読したマガジンを今回、一般公開する。約2万字の記事だ。今後、徐々に中級編上級編…とお金くさい話も書いていこうと思ってる。ただ、すでにこのボリュームなので、Facebookをしっかり運用したい人はおすすめだ。

今回のnoteももれなく5名購入ごとに500円値上げしていくので、早めにキャッチしておくことをおすすめする。悩むほどに損をすることとなる。

ヒキコモリズム式Facebookの教科書初級編で学べる内容を要約するとこうだ。初級編だけに、基礎的な部分をせめている。

  1. 前提知識
  2. Facebookをやる理由と、Facebookのことを理解する
  3. 基本的な運営方法
  4. 個人ページで世界観を構築するコツ
  5. Facebookで投稿すべき3つのこと
  6. エッジランクの上げ方を知る
  7. ブロガーがFacebookを効率的に使うための方法

Facebookの教科書(初級編)を手に入れる

ぼくはブロガーだけど、Facebookerでもあった

ブロガーのヒキコモリズム井上だ。プロ引きこもりと呼ばれている(自称)。

ぼくはブログで活動する前に、Facebookメインで活動していて、その中で自分のサービス販売に成功して独立後生計を立てていた。その当時の売り上げは今のブログ収益以上だ。その後、そのスキームを飲食店などの法人に応用してコンサルティングをし、集客の効率化や求人の効率化をしてきた。

  • SNS経由で新規顧客獲得率が約20%向上
  • 店舗単位でのWeb上での知名度向上
  • SNS経由での求人を実施し、求人広告費を削減

などなど。個人のアロマセラピストの先生などにも応用し、各種マガジンでの取材やテレビからの取材依頼、中国の資本家からの施述依頼などに成功した経験もある。

今はぼくはブログメインで活動しているけれど、今回せっかくなのでぼくがFacebook運営で意識してることをこの場でシェアしようと思う。一冊にまとめるのは厳しいので、初級・中級・上級に分けて配信する。

もちろん有料だがそれでも価格としては抑えめ。個人で事業をしている方、法人としてSNS運営に臨む方、担当の方は、参考になるのでおすすめする。

ブログが消えても収益減なし。Facebookアカウントが消えてもアクセス減なし。

どうだろう?にわかには信じがたいかもしれないけど、事実だ。

実際にぼくは2016年6月ごろに、はてなブログからワードプレスに移行する際にミスって15万PVあった旧ドメインはポシャってる。そこから現在の新ドメインで運営再開したわけだけど、現在収益は下がるどころか増えている。PVは当時の1/5だけど。

また、2016年10月末にはFacebookの個人ページがなんらかの理由で凍結された。3000人いたフォロワーが一夜にして0人になったけれど、特断ダメージはない。母艦であるブログへのアクセスも減っていないし、収益ももちろん減ってない。運営してるサロン自体の影響も小さかった。

この2つの大きな削除事件があっても、肝心の部分は一切変動していないのだ。普通だったら大ダメージだ。泣けてくる。でもぼくは無傷だ。これはなんでだろうか?ぜひ考えてみてほしい。

答えは分散型メディアを構築していたから

ぼくはブログだけでなく、Facebookもツイッターも、そのほかいろんなメディアを運営してる。だからどこかに依存してるということはない。それぞれがぐるぐると周り、動いてるから、どこかがポシャってもどこかでカバーできるわけだ。

もちろんブログがメインだけれど、それだけの場合はなんらかの理由でブログが消えたらアウトだ。ブログしかやってないというのは、ひとつの口座にお金を預けておくに等しい。その口座が閉じたら終了だ。

同じカゴに卵は盛るな

これは投資の世界では当たり前の言葉だ。ひとつのカゴに全部の卵を持ったら当たり前だけれどそのカゴを落としたらアウトだ。だから分散する。分散すれば、どれかが落ちてもどれかでいくつかは残る。

100万円の収入があっても、100万円一本ではダメなのだ。10万円×10の方が賢い。

これをメディアで当てはめて、分散して運営するのが「分散型メディア」だ。メディアでなにかやってるであろうあなたは、この分散型メディアを作ればいい。そうすれば、どこかのメディアが消えても、ほかで補うことができる。

運営のコツがつかめれば、フォロワーが分散する

それぞれのメディアには特徴があって、適した使い方というものがある。それを理解し、運営できていれば、フォロワーやファンは勝手に分散していく。そうやって分散していけば、いざどこかがダメになっても、ほかのメディアにフォロワーがいるわけだから、そっちでカバーすればいいのだ。

そのためにはちょっとしたコツがある。それは端的にいえば「そこでしか楽しめないコンテンツ」を用意しておくことだ。まったく同じコンテンツをいろんなメディアでやってたら、あなたはどう思う?

全部同じやんけ。

と思うはずだ。だから、そこのメディアにしかないものを用意しておく。そうすれば読者はそのメディアもフォローしてくれるわけだ。

手始めにやるといいのがFacebook。その理由は…

分散型メディアの重要性は感じてもらえただろうか?次に考えるべきは「じゃあ、どれから始めたらいいの?」だ。ここはぼくはこう言う。

まずはFacebookをやることをおすすめする。

と。ぼくは誰にでもこういう。確信にせまるものがある。Facebookは、とても構築しやすいメディアなのだ。その理由を以下に羅列しよう。

  • ツイッターのように140字という制限がない
  • 動画を埋め込める
  • Facebookライブという動画配信もある
  • タイムラインが流れていきにくい=投稿が読まれやすい
  • 写真もたくさん貼れる
  • クソリプがほぼない
  • バイラルが起きやすい
  • 信用性がある
  • グループやイベント機能など、幅広い。
  • よって、世界観を構築しやすい

ということだ。Facebookは特性上、投稿がよまれやすいのだ。ツイッターだとすぐに流れるため、そもそも読まれないということが多い。さらに、YouTube的に動画を埋め込むこともできるし、ライブ放送も可能。インスタ的に写真を載せることもできる。

メッセンジャーでLINE的な活動もできる。グループも作れる。長文だって書けるし、受け入れてもらえる。かつ、いいね!ひとつでバイラルが起きる。

どうだろうか?Facebookはこういえるはずだ。「すべてのSNSの中間にいるSNS」と。有名どころのSNSの機能をバランスよく備えたのはFacebookだけなのだ。だから、Facebookは分散型メディアの最初に最適なのだ。なぜなら、ほかのメディアとの相性がいいからだ。

あなたが分散型メディアをやるなら、まずはFacebookから挑戦してみよう。

ヒキコモリズム式「Facebookの教科書 – 初級編 -」目次

ここで目次を公開しよう。あなたがFacebookの教科書初級編で学べる内容は以下の内容だ。これだけでも、結果につなぐことはできる内容だ。これを身につけた上で今後公開する中級編、上級編も合わせたらかなりの力になる。

第0章 前提知識:分散型メディアのイメージを理解しておくこと
  • 分散型メディアとは?
  • なぜ分散すべきなのか?
  • 分散型メディアの特徴
  • イケハヤさんのいう「ブログはおわり」の真相
第1章 まずはFacebookをやること
  • FacebookはバランスのとれたSNS
  • ギャング・フォーと呼ばれるFacebook
  • 大手バイラルメディアもFacebookメインで伸びてきた
  • Facebookは信用されやすい
  • Facebookに相性のいいメディア属性
第2章 Facebookの基本操作
  • アカウント名設定(本名で登録しつつ本名意外を表示する方法)
  • 登録しとくべき情報
  • ヘッダーのセットの仕方とサイズ
  • グループの作り方
  • イベントの作り方
第3章 Facebook運営のコツ(個人ページ)
  • Facebookはブログとは別物だ
  • Facebookでやるべきことは「世界観の構築」
  • あなたの世界観はどんな?
  • エッジランクを上げるようにする
  • ところでFacebookのエッジランクってなんぞ?
  • 具体的になにすべきか?
  • まとめ
  • 外のレバレッジをかける
  • なるべくリンクは貼らないこと
  • Facebookはクリーンな状態にしておく(売り込まない)
  • 広告は使う必要はとくにない
  • 基本的には個人ページだけで問題ない
  • 匿名ブロガーが個人ページでうまくブログを育てるには?
  • Facebookでウケる投稿一覧
  • Facebookで投稿する時間帯
第4章 Facebook運営のコツ(Facebookページ)
  • Facebookページはいいね!がないと意味がない
  • Facebookページと個人ページの違いを知る
  • Facebookページは広告をかける方が伸びる
  • 売り込み色の強い記事はFacebookページ→個人ページ
終章:Facebookを育てると、安心して他メディアの運営ができる

これを順番にこなしていくことであなたは…

  1. 分散型メディアにかんして理解できて
  2. Facebookにかんして理解できて
  3. Facebookで実際に分散型メディアを作るノウハウが知れて
  4. 各種SNSを利用して独自の世界観を構築する入り口にたつ

ことができる。あえてこの初級編にはゴリゴリしたマネタイズ手法やブランディング手法、Facebook単体での間販売戦略などはいれていない。それは今まで書いてきた理由もあるけど、まずは基礎を実践してFacebookの運用法の概念を理解しないと始まらないからだ。

Facebookの教科書(初級編)を手に入れる

Facebookの教科書(初級編)はこんな人におすすめ

ここまで読んでたらなんとなく「俺必要かな?」と思う人は思ってるだろうけど、念のためピックしておく。この虎の巻がおすすめなのはこんな人だ。

  • ブログなどはやってるけど、他のメディアを作ってない
  • ブログが消されたらどうしよう…と悩んでいる
  • 実際消えて、収益源もなにもかも失ったことがあるからどうにかしたい
  • 分散しよう!とはいうけど、実際なにからやったらいいかがわからない
  • 正直ブログだけでは不安で仕方がない
  • Facebookは前からやろうと思ってたけど、実際どうするのがいいのか謎
  • Facebookで集客できるようになりたいから、基礎から学びたい
  • Facebookを飲食店などの店舗の集客に使いたい
  • TwitterよりはFacebookがいいと思う
  • メディアビジネスやってるから、リスクヘッジしたい
  • ブログやってないけど、SNSでビジネスがしたい
  • メディアブランディングの方法を知りたい

こんなあなたは、この教科書は相性がいい。値段が上がる前に手に入れておくと、幸せになれる。ここでうじうじ悩んでると、値上りして後悔するだろう。

こんな人にはおすすめできません

もちろん、購入しないほうがいい人、しないで欲しい人もいる。いかに当てはまる人はこのページをそっと閉じて、自分のブログに向かってみよう。

  • ヒキコモリズムを質問攻めにしたいだけ
  • 俺はブログ一本で勝負するんだ!という男気すごい人
  • 被害者意識の高い人。すべては自己責任です。
  • 依存心の高い人。やるのは自分です。
  • 「自分でも調べる」という頭のないクレクレ君

Facebookの教科書(初級編)の値段と購入方法

Facebookの教科書は購入者が5人増えれば増えるほど500円ずつ値段が上がる仕組みだ。2016/11/8現在は1,980円(あと5名で値上げ)だ。あなたが購入するときの時価はいくらだろう?悩めば悩むほど損するので、早めに手に入れたほうが得だ。

値段が下がることはまずない。

購入方法

ページ内の赤いボタンから飛んでいただき、下にスクロールすると下記のような画面がでてくる。そこから決済手続きが可能だ。

  • クレジットカード
  • 携帯キャリア決済

ができる。銀行振込希望の方はお問い合わせよりその旨メールください。決済後3営業日以内にPDFにして送付します。

>>銀行振込で購入する

▲ここから購入可能。マガジンがお得です。

▲ここから購入可能。マガジンがお得です。

なんで随時値上げするの?

行動力って大事だからだ。迷ってる暇あるならさっさと手を動かせる人がブログではうまくいく。ブログじゃなくってもそうだ。そういうところから、ぜひとも結果の出る人になってほしいからあえてそうしている。

これはほんと経験上そうで、こういうときにサクサク動ける人は本当に結果が出る。でも迷ったりしてる人って手がなかなか動かないので、どんなにいい情報を知ってもそれを生かすことがないのね。

だから、メンタルトレーニングも兼ねているわけで。余計なお世話かもしれないけど。ただ、真実なんだよね。問題はあなたが実践、つまり行動する覚悟があるのかどうかだ。

今、購入したあなたにはプレゼントを差し上げよう

ここで迷わずサクッと手に入れた行動力のあるあなたは結果が出る可能性が高い。そんなあなたを後押しするプレゼントを用意した。

プレゼント①  コメント欄にて相談OK

購入したらFacebookの教科書のコメント欄で個別に質問相談を受け付ける。そこであなたのためだけのアドバイスができるはずだ。受け取り方法は簡単。

  1. まずはFacebookの教科書をしっかり読み、やることをやる。ワークがあれば全提出すること。
  2. その上でコメントに質問する

プレゼント② Facebookの教科書 – 中級編 – の優先参加権利

2107年春頃に中級編の製作を終わらせる。その際に優先的に告知をする。つまり、中級編は安いうちに購入できるということだ。だいぶお得になる予定(初回は980円スタートを想定)。中級編ではFacebook単体でのブランディングやマネタイズにつながる具体的な戦略中心に書く予定だ。

完成次第初級編の最後に購入先URLを記載する。

Facebookの教科書(初級編)を手に入れる

さあ、Facebookの教科書初級編を手に入れてメディアビジネスのさらに一歩上にいこう!

ここまで読んでくれてありがとう。

くどいようだけど、メディアでビジネスをするならどれか一本にしぼるのはおすすめしない。なぜなら、どのメディアでも削除リスクはあるからだ。消されないってことは、どんなに健全に運営しててもありえない。実際ぼくは2016年はブログも消されたし、Facebookも消された。

メディアで活動する以上、そのリスクは付きまとう。でも、しっかり分散していれば収益にも影響はしない。実際ぼくは1円たりとも影響を受けていないし、メイン媒体のブログもPVは落ちていない。なぜなら分散してるからだ。

このFacebookの教科書はその「分散型メディア」を作る際にまず最初に知っておいたほうがいいことを書いた。これを理解して生かしてもらえれば、あなたはもう分散型メディア運営者として活動できる。正直あなたが買おうが買わまいが別にぼくが困ることはない。問題は、あなたがメディア運営者として結果を出していきたいのかどうか?だ。

結果を出したいならば、手に入れておくことをおすすめする。必ず一歩までに進めるはずだ。

ではでは。

ブログサロンメンバーは購入しないでください。サロン内で公開します。また、返金処理はできません。

関連記事

NO IMAGE

ヒキコモリズムの音声&動画まとめ。随時追加!!

noteで有料記事販売すると情報商材屋って言われるけど悪いことなの?

なぜ消された?オンラインサロン運営者の俺がFacebookアカウントBANされた...

ブログのアクセスアップとライティングの悩みを解決するたったひとつの方法

中卒フリーランスぶんたさんがオンラインサロンを卒業!ブログで稼いで高知に移住した...

ブロガー必須エディタ「marsedit」の設定方法まとめ!使い方からプレビュー画...