家族全員を守りきれる力がまず欲しい

スポンサーリンク

プロ引きこもりのいのぴー(@luckyman0302)だよ。ども。

家族に対してドライなくらいスーパードライな見方をしてる俺だけど、人よりも愛情はあると思ってる。

その愛情ってのは、たぶん、LOVEとかそういうものではなくって。

どっちかといえばシェルターのような、そういうもの。

目に見えない感情とかそういうのは、いざなんかあったときになんの役にも立たない。

ピンチの時に役に立つのは、圧倒的に「力」

そんで現代で言えばその力は、

  • カネの力
  • 人から与えられる力
  • サバイバル力

になるんだと思う。

誰もが危機になるような時、頼れるのは最終的には自分だけ。

誰かに守ってもらえたり、与えられやすい、いわゆるカリスマ的な人はともかく、俺の場合はそれはたぶん、無理

たぶん、俺に「与えられたい」とか思う人は湧いても「与えたい」とか思ってくれる人はほとんどいない。

10代の頃から、人に求められても、与えられることはなかったしね

そういう星の元に生まれたと思うしかない。笑

それなら、もう「カネ」をえるしかない

または必要なものを自分で作り出せるようになるしか。

正直、俺自身は割とどうでもよくて、今は3親等における家族全員を守りきれるレベルの

たぶん、俺の親はちゃんと持つものは持ってるんだ思うけど、でもなんかあった時にきっと頼れるのは俺しかいないと思うし。

くますけ

くますけ
お前は俺らのことは気にするな

と言われても、気になるよねえ…

10代の頃は本当にうざいなと思ってたけど、26で、いろいろ経験して頑張って父親やってる今、親が20年近くどんな不安や気持ちを抱えて頑張ってきたか実感してしまってるからね

自分の息子を、20年間、独り立ちするまでこの不安定な時代の中守り切れるか?と考えるとゾッとする不安があったりする。

姉ちゃんいるけど、あいつには、あいつの子供もいるし、家族があるからそっち優先して欲しいし

あいつの旦那さんは俺よりしっかりしてるけど、それでもなんかあったら助けたいな〜て思い始めてて

そんでもちろん、パートナーや息子には苦労させたくなんかないし「大丈夫」とか言ってもいざなんかあればそれはストレスになることは過去の極貧時代から学んだ。

守るべきものを守れるようにならず、自分の人生を好きにする気分には、なかなかなれない

いくら「お前の人生だ好きに生きろ」といわれても、他人なんてどうでもいい存在だと思い続けた俺が、愛情を持った唯一の対象が苦しんでることを横目に、

それでも「人生楽しみたいし!」といって生きてる自分は気持ち悪い。

そいつらの安心安全がある程度担保された状態で、その後好きに生きたいな…と思う。

だから35歳。あと10年で盤石な「シェルターになる力」を完成させる

それまでは自分の欲を抑えて、すべてのリソースをそこに

積極的に、徹底的に脇役になる

父親なんだから当たり前..ではなく、その当たり前を当たり前にできなくなる可能性がある時代だからこそ。

…と最近親と電話して思いましたとさ!

うん、気合入った。がんばろ( ´∀`)

こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. いのぴーのプロフィール(動画あり):プロ引きこもりとは?
  3. プッシュ通知で更新情報をうけとる:

最新記事一覧はこちら

関連記事

草津温泉名物の舞茸そばを萬年屋に食べにいってきたよ

引きこもりがネットナンパで調子にのってたら美人局(?)にあった話

島原の水屋敷「湧水庭園 四明荘」は明治ロマン感じる癒しスポットだ!

夜活のススメ。ニートや引きこもりの無職のは夜活をすべき理由

NO IMAGE

草津温泉には100均はあるのか?ということで湯畑周辺で探してみた

島原移住をして物価の安さにびっくり。価格の破壊力がすごい!