稼ぎたいなら息を吐くように与えろ

スポンサーリンク

プロ引きこもり(@luckyman0302)だよ。ども。

最近、与えることがもはやトレンドだよね。

  • MacBookおじさん
  • polca
  • プレゼント企画

などなど、与え与えられ…が超絶ラフに行われてる。

そこにはなんらかの打算があることも、純粋なるギブであることもあるわけだけど。

傍目にみると与えてないように見える俺だけど、与えることには大賛成。

稼ぎたい人ほど、バンバン与えることをオススメしたい。

でも「与え方」は考えた方がいい。

今回は、一見与えることを拒否してるように見えるのになぜか他人から感謝されてることが多いヒキコモリズム流の与え方を書いてみるよ。

与える時は、特定の誰かではなく「誰でも受け取れる」ようにする

与えるというと、

Aさん→Bさん

みたいな構図、つまり誰かが特定の誰かになんかを与えること…ってイメージだと思う。

最近はやったMacBookおじさんだとかそういうのはまさにこの典型。

でも与えるの形はそれだけではなくて。

不特定多数の人が同じように受け取れるGIVE

ってのがある。

てこと。

この記事も、特定の誰かに宛てたものではないけれど、どこかの誰かが読んだ時、

くますけ

くますけ
この記事すげえ!めっちゃ腑に落ちた!

と思われたりもする。

その場合、その人にとっては「GIVEされた」ことになるわけ。

逆も然りだけどね。

そしてこの記事は誰でも平等に読める。つまり誰でも平等にGIVEされることができる。

与える行為ってのは、与えられる側が認識して初めてそうなる

Agree 2

急に定義的な話になるけれど「与える」って行為は、どうしたら成立すると思う?

ひきこ

ひきこ
あなたにこれあげる

ってのが与えるだと思ってる人は多いと思う。

でも、これ逆なんだよね。

くますけ

くますけ
うわー、すげえ。これ。どこの誰だか知らないけどありがとう

こっちが本質。

なにが言いたいかって、与えるって行為は「受け取り側主体である」ってこと。

もっと噛み砕けば、相手が「与えられた」と感じればこっちの意図は関係なくそれは「与える行為」になるってこと。

実際にあった例として、俺は過去にこういうメッセージを読者から頂いた。

※画像参照

全文は載せないけれど、俺の知らないところで、俺のブログを読んだ俺の知らないご家族に変化があったそうで。

この時、俺は明確に「このご家族が読んだ記事は、このご家族に宛てたものではない」と認識してた。

つまり、与えるとかそういう考えなしにただ書いていた。

でも、文面を見ればわかるけど、明確にこのご家族は俺の記事に価値を感じ、変化があった。つまりGIVEされたということになる。

こんな感じで、与える行為というのは、こっちに与える意図がなくても「相手が何か価値を得ればそうなる」ってこと。

与えるにレバレッジを。

※当たる行為→与える行為

上記にある通り、巡り巡って、誰かが与えられていれば、それはGIVEが成立してることになる。

なら、与えようとして与えるのではなく息を吐くように与えられる与え方をした方がよくない?

そのためには、こちらにも負担がなく、相手にも負担がない方がいい。

呼吸に負荷はかからないし、雑念はないでしょ。

これなら、与える行為にレバレッジがかかる。

インターネットはオープンだから、発信したことは誰でもみることができる。

こっちは日課的に書くだけ。それが巡り巡って誰かの役にたつ=GIVEが成立する。その人数に上限はない。

経済を回せば、そのお金は支払った先を潤わせて、そのお金がまた巡ればまた潤う。

いらなくなったものは他人の欲しいものかもしれない。その人がいらなくなったらまた回せばいい。

一回の「なんてことない動作」が、巡り巡っていろんな人にGIVEをする。そのスタンス。

俺がMacBookおじさんとかやらないのは、それが

  1. 特定の人にしかGIVEされないから
  2. 双方に負荷がでかい(金銭的にも精神的にも)
  3. パフォーマンスとしてのGIVEはなんか違う

から。

特に③。

与えることは、目立つためにすることではない。

マーケティングの視点からだとそれが正解だけどね。

でも、本当の与える行為ってのは、変な打算や欲を排除した中のなんてことない行為の中にあるものだと思う。

だから、負荷がかからず呼吸のようにできるGIVEを。

それでも、巡り巡って自分のとこにくるときは予想外に大きなTAKEになってるものだよ。

こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. いのぴーのプロフィール(動画あり):プロ引きこもりとは?
  3. プッシュ通知で更新情報をうけとる:

最新記事一覧はこちら

関連記事

クリエイターがもっと稼ぐことも活躍することもできる世の中にしたい

大事なのは短期間で結果を出すこと<長期で結果を出し続けられるスキル

無収入から3年連続で年商1000万円を達成したので、ブログで稼ぐ方法をまとめまし...

コミュ症な内向型の人間が自己肯定感をもつための3つのコツ

ブログ初心者が知っておきたい読まれるブログ記事の書き方と構成

才能がない人が結果を出し続けるためにとにかく意識すべき5つのこと