【実録】引きこもりは果たして60日間でデザイナーになれるのか?

ひきこ

ひきこ
ノースキルで名高いプロ引きこもり(@luckyman0302)だ。

さて、26歳の今ですら、免許はないわ資格は中1でとった漢字検定準2級しかない僕だけど、この度、デザインスキルを身につけるべく、60日間特訓するよ!

先生はこのブログのデザイン周りをお願いしてるSHUN INANUMA氏。 彼の1ヶ月のデザインレッスン(オンライン版)を受けることにした。オンライン版なので在宅でOK!

ただし、オフライン版と違って1回2時間なのでちょっと時間はかかる系。オフライン版は1回8時間の4回。みっちり学びたい人はオフライン版がオススメ。 無料体験レッスンですら超学べるから、興味ある人はこの記事を読んでみたらいいよ!

なぜ、デザインスキルを身につけるのか?

当ブログはけっこう味気ないじゃん。

でも、感覚値としてわかるのは、今後はそれじゃダメだってこと。

ただの情報伝達手段で終わるメディアって、まだ数年は持つだろうけど、最終的には通用しなくなるのね。 あくまで、メディア→コミュニティにしないとなのさ。

結局、オンラインとオフラインの境目がなくなってるからね。今後はいかにメディアからコミュニティに近づけられるか?が重要。

そうなるときに、ビジュアルって結構重要で。

僕は実際に話したりあったりすると、多分そこらへんのブロガーよりも絡みやすいというか雑な性格してるし割と明るいキャラなんだけど(下ネタ大好き)、なんでか文章だけのこのブログを通して発信すると、

  • かたい
  • 怖い
  • なんか怒られそう

みたいになっちゃってるのね。これは由々しき事態なの。

発信すればするほど、なぜか読者との距離が遠くなるっていう。

ほんとうはそこらへんのテンション高い系ブロガーよりテンション高いのに、ね。 この文章だけで伝わる雰囲気を、グラフィックで打開したいというか。 そういうことができるのが、グラフィックだと思うわけだよ。

だから、身につける(あとデザインスキルはお金になるから←)。

自分のメディアのデザイン周りくらい、自分で「編集」できた方がいいよねって話。単純にアイキャッチ画像をデザインできるだけで見栄え全然変わるし! ということで、60日間にかけて、ここに実録していくよ。

ひきこ

ひきこ
時間が経つにつれて、当ブログの過去記事のアイキャッチなどがどんどんデザインされていくよ!

ちなみに、僕の現段階でのデザインレベルねはこれね。👇

ハイパーウルトラダサい…。 ちなみにこれがプロがやるとこうね。👇

5月頭 無料体験レッスンを受ける

INANUMAさんとは面識があるから、全然緊張しなかったけど、最近「誰かから学ぶ」ということをしてなかったので超絶ワクワク感があった。

何もないところから新しいものを手にいれる瞬間ってこの上なくいいよね。

そんな緊張感とともに、1.5時間ほどの体験レッスンと受けてみる。 その結果、デザインというものに関して大きな誤解をしていたこのに衝撃を受ける。

そして「あ、これできるやつや。むしろ向いてるやつや。」と確信。デザインは理論だという本質論にテンション爆上げ。 ここでadobe crearitive cloudと契約。フォトショをゲットする。

5/13 初回レッスンを受ける

スクリーンショット 2017 05 14 11 06 19

ここから具体的な話に入っていく。今回学んだのは、

  • フォトショの基本的な画面の見方と操作
  • レイヤーの見方
  • フォトショとイラレの違い
  • ピクセルとかbitとか
  • 実際のバナーを見本として作成してみる

ということをやる。今まですげー時間かかると思ってたバナーがすっとできるので、感動。もちろんまだ、デザインをするってレベルではないにしろ、これをベースにレッスン受けて実践すればできちゃうなこれ!と。

次回以降でよりできることが増えるらしいので、それ以降自分のブログのバナーなキャッチからどんどんデザインして行こうと決意! いやー次回が楽しみだ!! 忘れないうちに宿題を…。

早速自分のキャッチを作ってみる

まだフォトショの基本操作程度しか覚えてないんだけど、早速自分のキャッチを作って見た。それがこれ👇

デザインの法則

素人くささ半端ねwwww まあ、最初はこんなもんでしょ。これからこれから!気にせずどんどん作って公開していくよ〜。今度は切り抜きに挑戦してみるかな…. そしてデザイナーとしてデビューするまでのざっくりマイルストーン。

何事もまずは量こなして慣れることからだぜ!

5/20 2回目のデザインレッスンを受ける

ここでやったのが以下の点。

  1. 境界線をつけること
  2. グループ分け
  3. 複数背景のある時の描画モードの設定
  4. コントラスト(強弱)について

基礎的な部分を引き続き。これでもけっこういろいろ作れるのよね〜。

ここ最近で作ったバナーやキャッチはこれ。👇

Line Hikiko Mail

シンプルっちゃシンプルだけど、まあ、昔はこれすら作れなかったからねw

元々の漫画好きが効いてるのか、コミカル路線がやたらしっくりくる…。おしゃれ感はないけど、そういえば学生の頃の服装なんかも、コミカルだったしな…古着で固めてて。デザインはそいつのキャラが出てくるのかも?

大きな壁にぶち当たる

講師のINANUMA氏からレッスン中に振られたワークで絶望ww

それがどんなワークかといえば「超ハイテンポの音楽をBGMに10分でデザインを仕上げるワーク」。普段急ぐことを一切しない僕には超相性悪い!ww

実際、冷静さを欠きまくりで何もできなかったという…。INNANUMA氏も失笑。

焦るとやたら「エ?どうしよう!?あれ?!」としゃべる僕を見て「しゃべりすぎ」と。こんなはっきりものを言うSHUN INANUMA初めて見た。

でもやってみるとわかるけど、本気で焦るからね。この音楽聴きながら集中できる?俺はできないwww

生産性、意識しないとな…でも早くやるの苦手なんだよな….

以下、随時更新…

関連記事

松岡修造氏はただの暑苦しい人ではなく、生きるヒントの宝庫だった

NO IMAGE

結婚無意味説。結婚は幸せな家族を作り家庭を営むにはなくてもいい制度

読書のススメ。読書はわずかな金で他人の脳みそから学ぶ究極の投資

ライフワークとライスワークの違いなんてないよ

「どうしていいかわかりません」と言われましてもどうしていいかわかりません

クリエイターがもっと稼ぐことも活躍することもできる世の中にしたい