いつも同じものを食べ、飲み、着るというルーティンライフの合理性

プロ引きこもり(@luckyman0302)だよ。ども。

人と違うことをすることがいいことだ!ということで、みんながSNSでリア充アピールする昨今、だるいよね。うん。

そんな中、僕は逆に「毎日同じものを着て、食べて、飲む」というミニマリストとはまた違うルーティンライフを楽しみたいな?と感じてる。

というか、このルーティンライフってめっちゃ合理的じゃね?と思うんだよ。

今回はそんな記事。

同じものに囲まれる人生は、効率がとてもいい

僕は極度のめんどくさがりで、旅行などに行った際に美味しいお店とか探すのがマジで嫌いなんだよね。

住んでる家の近くで外食するにしても、だいたい同じとこしか行かない。新規開拓もしない。

この、

  • 迷う
  • 探す

っていうのってとってもだるくない?時間の無駄。

それでいておいしいかは行ってみないとわかんないってさ、だったらうまいと知ってるところに行けばよくね?って。

それを海外に行くたびに痛感するのよね〜。

海外って味覚も違うし土地勘もないしでおいしい店を探すのが日本以上にめんどくさい。

だから海外グルメを探すなら、食いなれた吉野家に直行した方が時間の短縮ができるよね。

そのネットに向かってなんか探してる時間で、僕の場合はブログが3記事はかけるのよ。その方がお金も生まれるし、有意義。

かのウォーレン・バフェットも同じものしか食べない

僕の尊敬する投資家、ウォーレン・バフェットさんは、まさにこれで。

いつもコカコーラと、ステーキとハンバーガーくらいしか食べない。

書籍の中でこんなエピソードがある。

日本かどっかのお偉いさんがバフェットをもてなす時に、高級料亭での日本食を振る舞ったけど「食べ方もよく分からない日本食」にいっさい手をつけなかった

関連記事 👉【書評】ウォーレン・バフェット自伝本「スノーボール」はお金と人生の本質がわかる名言だらけ

これ、一見したら

ひきこ

ひきこ
クッソつまんねえ人だな空気読めww

とか思っちゃうシーンだけど、俺は気持ちわかるなあ。

なんで、食うのに苦戦しながら、会食しながら、気を使いながら食わんならんのだ?と。

食いなれたものでいいからはよ用件済ませや?

と俺は思う。

バフェットさんも、余計なことに頭と体を使うのは極力避けて、数字のことや自分のコントロールにこだわってたってわけよね。

まあバフェットさんの場合、自分の保有してる株の売り上げに貢献するってのもあったのかも?

優秀で、かつ頭脳タイプほど「ペースが乱れる」のを嫌う。

個人的感覚だけど、投資家系の人はそういう人めっちゃ多いと感じてる。俺もそうだし。

マークザッカーバーグもスティーブジョブズも服は同じものだった

このふたりの食生活は知らんけど、服は有名よね。

いっつも同じ服を着てるっていう。

これもいちいち朝に服選ぶことに脳みそ使う価値がないからだよね。

最近の俺も、そもそも外でないから寝間着のままだけど、外出るとしてもこれしか着てない。

パタゴニアの濡れてもすぐ乾くショーツ(ノーパン可能)と👇

適当な白Tシャツ👇

世界の名だたる人らが、同じものに囲まれるルーティンライフをしてるんんだよね。

これはミニマリストとは違う観点だよ。

単純に無駄を減らすためって感じ。

優秀な人ほど、無駄なものに「時間と金」を使わない

Agree 2

と、俺は最近感じてる。

今の時代は、人生を豊かにするための無駄が多すぎ。で、それに課金しすぎ

なんか探す時間をもっと生産に当てた方がいいし、それにかける金とか無駄。

最近は俺自身、無駄をとことんなくすようにしてる。

食うものも、正直白米と味噌汁と肉焼いて梅干しがあれば割と満足だし、朝ごはんは基本プロテインとヨーグルトで決めてる。そもブランドとか全部一緒。

頭を使うべきは全然別のところにあるよねって話。

無駄を省くためのお金は使うけど、無駄を作るためのものに金は使うなってことだね。

関連記事 👉モノを持たないミニマリストよりもすてきな生き方、シンプリストとは

関連記事

唯一無二の雰囲気!島原のコーヒーハウス葡萄畑(ぶとうばたけ)が最高すぎる

この5年は無駄にするな!20代前半で経験してよかったこと9選

出前もできる島原一のちゃんぽん!大衆食堂「宝楽」がマジでうまい

【食べログ】草津温泉バスターミナル目の前の蕎麦屋「眺庭庵」が名店

引きこもりのメリットは「どうでもいい人に会わなくていいこと」

草津温泉の温泉まんじゅうなら「本家ちちや」!お土産の定番です!