FXで稼ぐ

フリーランスの方がサラリーマンより上なのか?はトイレ掃除のおばちゃんをみればわかる

スポンサーリンク

どうもプロ引きこもりです

また、twitter上ではフリーランスの私たち、サラリーマンよりステキなの騒動が起きているようで

これね、2年前も同じようなことやってたのよねw

個人的には「変化することが大事!」と口ぐせのようにいってるフリーランサーもといインフルエンサーの話題が2年前と変わってないのってどうなん?と思いつつ、ぼくの意見をまとめる

フリーランスもサラリーマンも変わんないんだってば!

これまた、この考えはずーっと変わってないんだけど、フリーランスもサラリーマンも変わりないんですよ

これはぼく自身、

  1. サラリーマンとして2年くらい働いて、幹部になった経験も
  2. フリーランスとして現在進行形で約5年いきてる経験も
  3. 会社役員という一般サラリーマンをたばねる経験も

してきてるので間違いなく言える

どっちが上とか下とか、どっちの方が優れてるとかマジでなかった

フリーランスもサラリーマンも、結局やることは同じ

あくまで違うのは「働き方」でありまして。

雇用されていて、主がいるのかいないのか?

組織からの縛りがあるのかないのか?

程度であって、やってることは大差ないんです

文章を書くにしても、サラリーマンのライターも、フリーランスのライターも、最終的にはやってることはかわりません

その裁量が違うだけ

サラリーマンは、企画や活動時間などを組織に合わせる必要があります

ただし、予算は会社が負担してくれます

仮にミスっても、ある程度会社がケツふいてくれます

フリーランスは、企画も時間も自由ですが、そのかわり予算は限られています

ミスっても誰もケツふいてはくれません

やってる仕事は同じでも、その裁量が少し違うだけなんです

フリーランスはたしかにノマドワークもできますし、自由そうにみえます。

でも、サラリーマンであろうと、ノマドワークさえできるようになれば、働き方もからわなくなるし、ぶっちゃけいろんな要素からしてフリーランス以上になります

フリーランスには、お給料はありませんし、会社が保険料や年金を半分払ってくれるなんてこともありません

ぶっちゃけ社会的信用もないっす

サラリーマンの方が実利的な価値をつくってる

最近は、サラリーマンの方がすげえって思う節もあります

ぼくはブロガーやトレーダーとして生計をたてています

たしかに、収入や、時間的な制約だけでみればサラリーマンのときよりも恵まれてるなあとは思います

(これはあとで書きますが、性格的な問題かなと)

ただ、自分で言うのもなんですが、ブロガーやトレーダーという仕事はぶっちゃけなんの価値も生み出してないのです

厳密に言えば、誰かになにか影響や発見を与えていたり、経済には貢献できてるので価値は生んでいます

でもぶっちゃけなくても誰も困らない活動なんですよね

トイレ掃除のおばちゃんの方が価値がある

トップブロガーであろうと、新進気鋭のインフルエンサーであろうと、実社会においてはそこまで価値を生んでるとは言えません

正直、公園のトイレ掃除をしてくれてる自治体の職員さんの方が価値を生んでるんです

工場のライン労働者さんの方が価値を生んでいるといえます

だって、ブログがなくなってもマジで困るのは書いてる本人だけで、世の中には大したインパクトないじゃないですか?

でも、トイレ掃除のおばちゃんがいなくなったら普通に困りますよね

駅のトイレが常に糞尿まみれですよ?

トイレットペーパーの替えがないんですよ?

そっちの方が困るでしょ?

トイレ掃除のおばちゃんの存在がなくなったらインパクトでかすぎ

そう考えると、その大いなる問題を解決してくれてる掃除のおばちゃん(パートさんとか?)よりそこらへんのブロガーやインフルエンサーの方がすばらしいなんて思えなくなりますよ

え?AIができるから大丈夫?

そのAIは、ぼくらブロガー連中で作れるんでしょうか?

東芝とか三菱とかそこらへんの会社さんのサラリーマンが「作ってくれてる」わけで。

ぼくらはそのおこぼれの中で、価値っぽいものを生み出してるにすぎず、社会全体から見たら街に生えてる雑草のようなものでしかないんです

これは卑下してるわけではなく、事実です

ちゃんと活躍してる人は、ある働き方を馬鹿にすることはしない

ぼくのトレードの師匠はたまに行きつけのお店で大きなお金をつかっていました

「なんでそうやってお金を使うんですか?」

ぼくはききました

「トレーダーとか投資家っていう仕事は、その人自身はなにも価値を生んでないから。稼いだお金をつかって経済を回したり、人のために使うこと以外で価値がつくれないんだよね」

と返事が来ました

ああなるほどたしかにな、と

稼いだ金額がそのまま価値であるならまた答えは変わりますが、実社会の価値はそれで測れるほど単純なものではないんだな、と

ブロガーやフリーランス、インフルエンサーの人たちの中で、実社会にいきる誰しもが価値を享受できる活動をしてる人はどれくらいいるんでしょう??

トイレ掃除のおばちゃんより価値のある人はいったいどれくらいいるんだろう?

サラリーマンの働き方だってこれから変わっていく

今はたしかに、満員電車にいかなるときものって出社しなければいけないなどの非効率さや理不尽さはあります

でもそれはサラリーマンであるその人がどうこうってよりかは、社会全体の「働き方」の問題です

どっちかっていうと、雇い主側、文化の問題であります

業種によってはむずかしいですが、一般的な仕事はもうほとんどノマドワーク、パラレルワークに変えられる時代です

それを企業や国がどんどん推進して「働き方」そのものを変えてしまえば、サラリーマンの非効率的で、多くのストレスを生む部分も解決されていくはずです

時差ビズなどセンスない働き方改革をしてますが、そうではなく根本的なところをかえれば変わります

関連記事: 満員電車なくす「時差ビズ」意味あるの?働き方改革の本質ってそこ?

そして未来ではそこは変わってるはずです

そうなると、実質フリーランスの働き方でサラリーマンができるようになりますし、そういう会社は今でもちらほらあります

そうなったら、なんのバックもないフリーランスより、バックのあるノマドサラリーマンの方がいい働き方になることは明白ですね

現代最強の働き方は、仮面サラリーマンである

サラリーマンのいいところを享受しながら、自分自身でビジネスをもったり資産運用をする

その働き方が現代日本では一番いいでしょう

関連記事:最強のキャリア論。サラリーマンVSフリーランス論争に終止符を打とう

サラリーマンであれば、基本的に年金も保険料も会社が半分負担ですし、会社によっては家賃補助だとかもありますしね

そういう福利厚生を活用して生活コストを抑えつつ、自分のビジネスをつくって本業以上の収益をつくっていく

そうやってお金を稼いでる人の方がなぜか健康的です笑

会社員の方は、会社の給料ののこりを資産運用にまわすか、経済的な余裕がない場合は、ブログやアフィリエイトサイトで元手ゼロで稼ぐのがいいかと

  1. 無収入から3年連続で年商1000万円を達成したので、ブログで稼ぐ方法をまとめました【資産ブログ構築マニュアル】
  2. 【FX】1時間足以上のデイトレに優位性ある移動平均線を使う手法を無料で学べる本

けっきょく、働き方はその人の性格次第で、上下優劣はない

働き方なんて、その人の性格次第です

ぼくはフリーランスですが、なぜフリーランスなのか?といえば、

  1. 朝が強烈に弱い
  2. 我が強すぎるので、一般的な企業ウケがわるいw
  3. 好きにやりたい

という性格だからです

でもそんな性格でも、業務委託から会社役員にだってなれたし、サラリーマン社会で出世もできました

そのときはそこに適応してたからですし、それがおもしろかったからです

いい会社にめぐりあったりしたら、ぼくもまたサラリーマンになることは全然あるくらい

けっきょく、働き方なんてのは性格やそのときのライフスタイルできまるものであり、優劣つけられるものではないんですよ。いやマジで。

しかも働き方は個人の価値にイコールではないです

比較できるものではないんです

なので、このどっちが上か論争じたいがナンセンス

マウンティングやポジショントーク以上の価値はありません

少なくとも、ぼくはトイレ掃除のおばちゃんや、近くのキムチをつくって売ってるおばちゃんより、僕の方が稼いでるし自由だから価値があるー!なんていえない

関連記事:サラリーマンが仕事で鬱になる理由は「なにを実らせるのか?」が見えないから

最新記事一覧はこちら

>【PR】ホームレスから月商9桁突破した元公務員の物語とは?< >こんな記事もどうでしょう?<