サラリーマン必読!8割の人が知らない会社で出世する5つのコツ

今日は引きこもりがサラリーマン社会に関して語ります。このひっきーがなにいってんだ!!と思われるかもしれません。でも、引きこもりのぼくでも元々はサラリーマン最前線で戦ってたんですよ。笑

今日は、ぼくがサラリーマン時代に学んだ出世街道を歩む方法を書いてみようと思います。

ヒキコモリズム井上はサラリーマンで出世したの??

ぼくは現在引きこもりなわけですが、21〜23までの約2年間はサラリーマンでした。前の嫁と結婚して子供もできて、育てるために稼がなきゃ!!ってなったわけです。その会社は都内で10店舗(のちに15店舗)持つ不動産ベンチャー企業でした。

そこから約半年でトップセールスになり、その次の月で最年少で店長、そしてマネージャーに昇格するチャンスをつかんだところで退職…と言った感じです。当時の社員はおそらく100名ほど。その中でもかなりの速さで出世していたそうな。

最初は月給も20万円から。それが半年後には60万を超えるようになっていました。まあ特にすごいことはしてないんだけど、サラリーマンで出世目指してる方には役立つかも?と思って書きますねん。当時意識してたことを。

サラリーマンで出世するコツ① お客様は神様なのか?

特にサービス業や接客業だと「お客様は神様」と言われますよね。これって本当にそうなんでしょうか?ぼくはそうは思わないんです。お客様はお客様以上のなにものでもないんですよね。

いやいや金払うんだから神様だろ?と思う方。あかんです。お客としてもあかんです。ぼくらは金をいただく代わりにサーブしますよね。ようは等価交換してるんです。よって金払ってるからえらい…なんてことはありえません。そんなことで踏ん反り返ってる客はむしろ人間として低レベルですよね。

ようはサービスしてるんだから金払うのは当たり前なんです。なので、従業員はお客さんにへこへこする必要はないんです。自分の立場がお客より下だと思っているうちは最高の仕事はできません。

サラリーマンで出世するコツ② 本当のお客様は誰か?

これは独立して商売するとわかるんですけど、ぼくの中の定義は「お客=あなたに金を払う人」なんですよね。独立すると目の前のクライアントがダイレクトに客になります。客の払った金はそのまんまあなたの報酬になります。

が、サラリーマンってどうですか?あなたに金を払ってるのは誰でしょう?お店にくるお客?提携してるクライアント?このように考えててはダメです。サラリーマンにとってのお客は、他でもない会社組織そのものです。あなたが在籍する会社なんですよね。

それはなぜか?

あなたは会社から給料という形で金を受け取っていますよね?つまりあなたはお客様から金をいただいいるのではなく、会社から金をいただいているわけです。今目の前であなたに財布を開くお客様と呼ばれる存在は、あなたの客ではなく、会社の客なんです。

サラリーマンで出世するコツ③ お金の流れを理解する

例えばあなたが営業マンだとして、100万の案件を決めたとしましょう。その時クライアントは100万円を「あなた」に払ってるわけじゃないんです。「会社」に払っています。だってそのクライアントからの売り上げ全部があなたの報酬にはなりませんよね?その100万円などの売り上げの中から数十万円が「会社から」払われます。

つまり金の流れは以下のようになります。

A.客

↓  売上

B. 会社

↓ 給料

C.あなた

このBがあなたの場合、あなたは事業主になるわけです。その場合はAはあなたのお客様になりますが、あなたがサラリーマンの場合、Bがお客様になるわけです。つまり、あなたがサーブするのはBの会社になるわけですね。Aは誰のお客様か?それはあなたの在籍している「会社の」お客様なわけです。

サラリーマンで出世するコツ④ 会社にサーブする

となるとあなたが出世するために本当にやるべきことは「会社を喜ばせること」なわけです。目の前のお客様と呼ばれる存在に手を尽くすことではありません。それは会社の仕事です。サービス向上、新製品開発などなどは会社の仕事です。

じゃああなたはなにをすべきか?会社の喜ぶことがなにかを見出せばいいです。

簡単な話、売り上げをあげること。莫大な売り上げをあげる人材は会社としては切っても切れません。だって営利企業なわけですから。売り上げをあげる人間が一番えらいわけです。つまり売り上げを考えず「お客様と呼ばれる存在のために」とか言ってるうちは、ボランティアしたら?なわけです。

会社にないポジションを作れば出世する

単純に売り上げをあげるのもそうですが、会社にないポジションを作るのも手です。会社がやってない手法を作り、実績出すのも会社にサーブしてます。会社が欲しがってる人材にあなたがなるのも手。

例えば、ぼくは最初こそお客様満足!とか言ってましたけどその時は一切評価されなかったんですよね。お客様満足はある程度考えつつ、きれいにお客様からの売り上げを最大化して「会社の利益」のことだけを考えました。その結果、最短でトップセールスになって店長に昇格するチャンスをいただいたわけです。で、店長になったら今度は「部下を育てて売上を上げ、会社の底力をあげる」のが会社へのサーブです。自分レベルの業績を上げれる人材を育てれば、その分会社の利益は上がるわけですから。会社を喜ばせまくってました。

スポンサーリンク


サラリーマンで出世するコツ⑤ 会社の中にメンターを持つ。出世させる。

一番手っ取り早いのはこれです。なんでもそうですが「うまくいってる人を真似る」わけですね。トップ営業マンになりたければ、本を読むんじゃなくて今のトップ営業マンにひっついて営業ノウハウを盗む。トップ店長になりたいなら、今のトップ店長から学ぶ。その人はうまくいく理由あっていまそこにいるわけですから、単純にそれをやればその人と同じレベルにはなれますよね。

で、同じレベルになったらその人は邪魔なわけです。なのでその人に自分の手柄をわたしてまず先に出世させる。そうするとそのポストを埋める人材にはあなたが選ばれます。だってその人はあなたを信頼してるから、押してくれますよね。その人はあなたのおかげで出世したわけですから。

ぼくは当時店長になる前に、店舗の2番手だったんです。が、自分が出世するのに当時の店長が邪魔だったんです。なので、当時の店長をサポートしまくって店長の仕事を奪いました。そうすることで店長は手があきます。その上で自分が代わりに指揮の一部をにない売上をあげます。でもそうなった理由を全て当時の店長のおかげにします。そうすれば「こここいつがいれば大丈夫じゃん」ってなりますよね。そしてそんな人材をそだてた店長すごい!ってなるわけです。当時の店長=上司にそれとなく出世させるチャンスを掴ませるわけです。で、そのポストに自分が入る。

サラリーマンは上司とともに出世するべき

足の引っ張り合いじゃなくて、一緒に出世するんです。グローイングトゥギャザーです。そうすると勝手に周りがあなたを持ち上げてくれて、出世スパイラルに乗ることができます。上司も、部下もあなたを出世させようと持ち上げてくれます。そうするとあなたの「発言力と影響力」が大きくなり、多少ハッタリをかましても事実にしてくれます。笑

サラリーマンで出世するコツまとめ

以上、ぼく的サラリーマンで出世する5つの考え方です。いまの会社で出世したい方は、考え方を変えるといいかも。あなたの「本当の客はだれ?」を理解できると、加速するでしょうね。

>>ベンチャー企業で出世したい人はこちら

関連記事

日本は勝手にグローバル化の最先端を行くから、海外にいかなくてもいい

ブログで稼ぐために理解すべき成長曲線とホメオスタシスについて

自由であり、幸せであるためには「特別である」必要なんてない

新社会人が会社に殺されないために伝えておきたいとても大事な3つのこと

やたら賞賛&ヨイショしてくる奴、だいたいすぐいなくなる説

「僕は悪くない」と人に全部なすりつけたいアダルトチルドレン多すぎ