コンテンツが旅してどこかで価値を生むことがブログのおもしろさ

プロ引きこもり(@luckyman0302)だよ。ども。

最近、ブログのおもしろさってなんだろう?と考えてる。

以前はただただ稼ぐことだけがおもしろかったんだけど、最近は少し趣が変わってきていて「コンテンツが旅すること」がブログのおもしろみだと感じてるなう。

ぼくは引きこもりなので旅なんてしないけれど、ぼくが引きこもってる間に、ぼくが作ったコンテンツは世界中をかけめぐり、価値を生んでいるっておもろくない?

4畳半の片隅から、世界へ旅に出るブログのコンテンツ

Agree 2

ぼくのワークスペースは、部屋の片隅。広さにして4畳半あるか?ってくらい。

ぼくはそこから動いてないのに、そこで生んだコンテンツは24時間世界を旅してどこかで誰かにリーチして、そこで価値を生んでくれてる。

ぼくがそこに行かなくっても、届く。

そしてそこでなにかの価値を、無意識の中で息を吐くように与え、どこかでリターンが生まれる。

関連記事 👉 稼ぎたいなら息を吐くように与えろ

この現象が、単純におもしろい。

ASPに反映する成果発生のお知らせよりも、決済通知よりも純粋におもしろい。

しかも、別に自分はその人に価値を与えようとして書いてるわけではないわけだから。

書きたいことを書いてるだけで、いつの間にはそれだ世界のどこかのAサンの価値になってる。

与えようとして、打算的に与えるのは簡単だけども自然発生的なGIVEはそれよりもエキサイティング。

本当の意味での縁と評価経済を感じるよね。

一切計算のないGIVE。

無意識のGIVEと、予想外のリターン

たまーにLINEなどでこういうコメントをいただく。

これが超うれしくてだね。

ぼくはこの人のことなんて知らない。知るはずがない。

そしてブログ歴2年の中で、特定の人に向けて記事を書いたことなんて一切ない。

そしてどっちかって言えば批判的な記事の方が多い。

言ってしまえば自己満。

もちろん、客観視したコンテンツは意識してるけど、それでも自己満でしかないこのコンテンツたちが、見知らぬ地で誰かに影響を与えて、このように引き寄せる。

この現象が、たまらなくアメイジング。

そして、講演に来ませんか?ときたり。

残念ながら、ぼくが講演スケジュールとか組めない人で、よほどセッティングとかされない限りはだいたい忘れてしまうわけなんだけど(失礼)。

講演を狙って発信してこうなるのは、できることだからおもしろみがない。マーケティングだしね。

でもまったく計算してないコンテンツで、まったく計算してないリターンが来るのが、なんともたまらなくない?

マネタイズのために、アフィリエイトのCV率を上げるのもコンテンツ販売の売り上げを上げることも、計算すればまあできるでしょ。できてるし。

でも、なるべくあれこれ計算しないで書いて、そいつが旅してなにか運んできた瞬間はまさにエクスタシー。

ぼくは在宅で稼ぎ散らかすサロンが300人になることはまったく想定してなかったし、海外ブロガーの参加率もまるで予想外。

全部、雑な言い方すればなんとなくなコンテンツが運んできた結果。

(もちろん計算してるものも一定数あるけどな!)

コンテンツに自由な旅をさせてみよう

18762446 1322101021237502 2129456005 n

評価経済を意識して作りこんだ、意図しか感じられないコンテンツは個人的にまったくおもしろくない。

作りこんだいい人感もまったく共感できない。

それはそう見せるために作った不自由なコンテンツだ。

もっとこう、自由にコンテンツを旅させてみる。変に戦略的にならず、見栄もはらず。

その結果、思わぬサプライズが起きた瞬間が、ブログやインターネットのなによりもおもしろい部分だと思うんだよね。

4畳半から世界を旅させる。おみやげは不明。いつくるかも不明。

関連記事 👉  プロブロガー直伝!ブログで稼ぐ「ブログ飯」までの全ステップをまとめる

関連記事

最高の決済システム「PayPal」の新画面の月額決済ボタンの作り方を解説する

noteで好きを仕事にして稼ぐ方法を、無名だけどnoteで月間2~30万稼ぐ人に...

アフィリエイト初心者は、日常に潜むアフィリエイトからビジネスモデルを理解するとい...

ブログマネタイズ大全。ブログで稼ぐ方法ってどんなのがあるかまとめとく

ブログ記事は質と量どっちが大事なの?って疑問を解決する

ブロガー必須エディタ「marsedit」の設定方法まとめ!使い方からプレビュー画...