ノウハウよりも大事な、ブログで稼ぐために守るべき7つの心構え

プロブロガーのプロ引きこもりのヒキコモリズム井上(@luckyman0302)だ。どうも。

ブログは楽しいもの。目的は人による。だけどもしあなたが「稼ぎたい」って思ってるのであれば、それはある意味商売になるわけで、趣味っぽくやってるだけでは突き抜けられない。まあそれでも月10万円くらいのラインだったら超えるだろうけど。

でももしブログだけで食っていくレベルになりたい!とか、そういうレベルを目指すのであればしっかり持っておくべき心構えってのがあるよなって僕は考えてる。なのでこの記事ではブログで稼ぐ人になるために大事な心構えをまとめる。実際ブログだけで食ってる僕が書くから説得力あるっしょ。

ひきこ

ひきこ
かなりマッチョめなのでご自身のお好みで薄めてくださいw

「ブログで稼ぐ」は甘くない

大体の人が稼げないで終わる。稼ぐことが全てではないけど、もし稼ぎたいならそれ相応を考え方が必要だ。

なぜなら、あなたの行動はあなたの習慣から生まれるから。そんでその習慣はあなたの思考のクセから生まれるから。なので結局のところ突き詰めると大事なのはノウハウとかテクニック以上に「マインド」と言える。ここがベース。表面的なものは後からでも付いてくるけど、マインドがうんこだと全部うんこになる。

なのでこの心構え、もとい信条ってのは大事だなーと思うわけだ。

ブログで稼ぐためにあなたが絶対守るべき7つの心構え

さて、ここからは僕が大事にしてるブロガーとしても心構えをまとめておく。これが絶対ではないけど、一人のプロブロガーの心構えとして参考にしてみてほしいなと。

1、なによりも「継続」せよ

ブログはびっくりするくらい積み上げ式だ。ショートカットはできない。いかに早く積み上げるか?だけ。もちろん有名ブロガーに取り入って拡散してもらう政治的な手段はあるけど、それって僕はあんまり実力じゃねーなって思うので好きではない。

そんなことをしなくってもしっかりと継続すれば時間差で結果が付いてくる。そんな平等なツールがブログだ。だから僕はブログが好きだ。継続こそ命。

8割の人はこれができずつぶれていく。人間は自分には甘いからね。100名いたら1年後にはおそらく10名~20名しか残らない世界。逆にいうと継続ができれば自然と抜き出ることはできる。だってみんなやめるから、やめなだけでマイノリティ。楽だねえ。

2、コンテンツは作るものではなく、今、すでにある

売り物としてのコンテンツだって、記事としてのコンテンツだって、作るとか見つける以前に「すでに持ってる」ということ。ブログはライフログ=人生を投影するもの。新しいなにかを書くものではなく、自分の中にあるものを文字にするもの。

その捉え方をすれば、コンテンツはもう持ってるわけで。そして人生にあわせて自分が変化することでコンテンツも「勝手に」変化していく。

この「勝手に」ってのがミソで、コンテンツを作るために無理に何か変えようとかしようと思うのはストレスになるからやめたほうがいい。人生普通に生きててもいろんなことがあるし、あっただろうからそれをそのまま表現していけばいい。無理に作るコンテンツは生き様でもなんでもなく「ただの見栄」でしかない。

3、目先の金にとらわれないこと

ビジョンなきブログに将来性なし。

金を稼ぐだけならばアフィリサイトやるか、FXなどの金融をやった方が稼げる。そしてブログで稼ぐ最短の方法は「稼ぐ方法を売って稼ぐ」です。こんなん誰でもできる。から、それはつまんない。かくいう僕もブログサロンをやってるけど、いうて月額980円にしてる(現在はリニューアルして月額1480円)。これはみてもらうとわかるけど、そんな儲からない感じで主催してる。その理由は、ここで卒業した人となんかできるようになりたいからだ。

ブログ月収30万とかぶっちゃけ大したことはない。そして月収ってのは「少なくとも1年間継続して初めて言える」ということ。

ぼくらが伝えたいのはなんだろうか?お金を稼ぐ方法は他の人がいっぱい教えてる。それを売ることを仕事にしたいのか?それとも自分にしかできないことでお金をいただきたいのだろうか?僕は、アドセンスやアフィリエイトでうん十万稼ぐより、目の前の人に一杯のコーヒーをいれてお代をもらうような人のほうがすごいと思ってる。

4、嫌われることを恐れないこと

これからぼくらがやるのは「発信」だ。受信ではない。自分の旗を立て、世に発信すること。

発信力がつけばつくほど、ファンもできればアンチもできる。目立てば基本どこかの誰かに嫌われる。でも嫌われれば嫌われるほど、それと同じくらいファンも多いということ。好きの反対は無関心。嫌いは好きのベクトルがマイナス向いてるだけ。

誰にも反応されないことが最大の問題。嫌われるのは実はいいこと。誰にも嫌われないってことは、それだけ普通のことしか発信できれないってこと。つまり埋もれてるよってこと。嫌われ出したら「俺の時代きたな」と喜んでいい。

あ、でも誰かをディスったり、特定のカテゴリーに属す人を批判したりはやめよう。嫌われる以前に人間的によろしゅうない。多様性って大事。

5、期限を持って取り組むこと

目標は達成するから目標となる。達成しない目標は「妄想」でしかない。これは夢も同じ。叶わない夢もただの妄想

妄想にしないためには期限を決め、逆算をして「達成するまでの道筋を立てること。予定にすること」。そしてそれをこなすこと。1年後の自分の姿はどうなってる?そしてそこに行くためにいつまでになにをどうする?そのために今日は何をする?

全ては逆算から始まる。終わりなき旅は最後は消耗してしまう。ある程度プランニングして走るくせをつけよう。

6、期待しないこと。諦めること。比べないこと

自分の結果に期待しないこと。「成功」なんてものを諦めること

やることやってりゃ結果は出るし、やることやってなけりゃ結果なんて出るはずもない。当たり前。結果でたってことはやることやったってこと。でないってことはやってないってこと。そんだけの話。

「俺だけはきっと成功できるんだ!」なんて考えは捨てる。俺はきっと!なんてみーんな思ってる。そんなんで成功できたら世の中みんな成功者。特別な人。オールオブハッピー。世界に戦争なんてない。これは言い過ぎか。

所詮ぼくらはそもそも凡人である。よってやることやればできるしやらねばできぬ。自分に期待しないこと。そして他者と比べないこと。現在地をしっかり見据えて「今自分がやるべきことを淡々とやる」こと。これに勝ることはない。人と比べるから優越感で誰かを見下したり、劣等感で誰かに嫉妬したりするんだ。そんもん、捨てとけ。

7、誰かや何かに依存しないこと

ぼくらは発信者である。旗を立たせる船長である。会社でいえば社長である。依存している者の発信は総じて魅力はない。なぜなら「依存は受け身な人の特徴」だから。そんな船長にだれが付いてくるだろうか?そんな社長にだれが付いてくるだろうか?

ぼくらがするのは能動的な発信。つまり「主体は自分」ということ。主体は自分ということは自立するということ。自立とは「自分で立つ」ということ。自分で立つということはどういうことかを常に意識すること。

自分で考え、悩んで、自己否定し、達成し、自己肯定感を感じること。これこそ成長。ブログは団体戦でもあるけれど、個人戦でもある。圧倒的に強い個人は団体を凌駕する。群れる前に力をつけよう。自分だけで生き残れる力をつけておこう。

ブログで稼いで自由になるために

ここまでよむと「どんだけマッチョやねん」って感じるかもしれないけど、これくらいマッチョにやったら結果出ちゃうよねと僕は思う。

実際にブログはたくさんの仲間を作ってやる団体戦スタイルでももちろん結果は出るんだけど、結局最後にやるのは自分ってところである意味で孤独なんだよね。ブログサロンとかはいれば横の繋がりはできるんだけど、入ってなれ合って満足してても結果は出ない。

受験勉強のために予備校通って、友達とダベってても成績は伸びないのに似てるかな。だから個人戦的な考え方を取り入れつつしっかり仲間を持つことをオススメする。個人戦で勝てるなら、団体戦でもっと伸びるわけだから。そのためには、弱い人間だってことをしっかり理解して、自分を変えていくようにしたほうがいいんじゃないかな。

もちろん楽しいってことは優先すべきだけど、稼ぐってことをするならそれくらいの根性を持ってやったほうがいい。ブログはほんと、長い長いマラソンだからね。

あなたのブログ人生に幸あれ!!

関連記事

ヒキコモリズム式Facebookの教科書(初級編)。Facebookを絡めて世界...

ぼくがブログを始めたこの1年で得たもの

ブログを書くことに目的なんていらない

ほとんどのブロガーは3年以内にYouTuberと投資家に二分される

プロブロガーが教える稼げる人と稼げない人の5つの特徴とその違い

プロブロガーが実践!超簡単なブログ記事リライトのコツを全てまとめる(ブログノウハ...