FXで稼ぐ

FXの証券口座は複数持つべきか?結論と理由をトレーダーが解説する

どうもトレーダーのいのぴーです

質問箱に届いた質問にお答えします

FXの口座は複数持っておいた方がいいか?ということでした。

その返答がこちらです(音声にしました)

FXの口座を分けるべきかは資金量による

一言で言えば、これです

まず、投資だろうと投機だろうと避けられない事実がありまして、それは金を持ってる方が強いということ

資金が多い方が、それに対しての利益は確実に大きくなります

1億運用してる人と100万円しか運用してない人では、同じ10%の利益でも1,000万円と10万円になるわけです

仮に口座を10個に分散したとして、前者は1口座に1000万円、後者は1口座に10万円しかはいっていません

10万円を運用したところで、たかが知れています

なので、もしあなたが大きなお金を動かすのであれば、口座は分散した方がいいでしょう

でも、数十万円程度のお金の場合、分散をする場合それは資金効率がわるくなるわけなんです

FXにはレバレッジがあるから、資金量がなくてもいい

これは嘘です

たしかに、100倍のレバレッジがゆるされていれば、10万円でも1000万円の運用ができます

が、実際に口座に存在してるのは10万円なので、1000万円のレベルで運用すればちょっとの含み損で追証です

でも、1000万円そのものを運用してれば、レバレッジをかけずとも1000万円の運用ができます

レバレッジをかけてないので、損失がでてもちょっとの含み損なんてまったく怖くありません

レバレッジはたしかに使えますが、レバレッジは諸刃の剣なので、レバレッジかけないで大きなお金を動かせる方がリスクがないんです

つまり、資金量が多い方が強いということです。

資金量が多い方が、リスクを低くして、大きな利益を上げることができ、かつトレードに余裕と幅がうまれます

なので、小額のときは一つの口座に資金を集中させるべきなんです

僕の知人の6000万円程稼いでるトレーダーさんは、資金を定期的に一つの口座に入金してどんどん資金効率をあげてましたよ

そもそも、なぜFXの口座を分散させるという考え方があるのか?

同じカゴに卵を盛るな

という投資格言が発端なのでしょう

つまり、本質はリスクヘッジにあります

でも、数十万円のお金を分散させるリスクヘッジって意味あるでしょうか?

ぼくは全くないと思います。

うん億円などになったらそりゃ証券会社の倒産リスクがあったり、注文が約定しにくくなるなどがある(とそのレベルの人が言ってた)ので、分散すべきですが、

数十万円でそれやる意味とは?

むしろその資金量だと、リスクヘッジのための分散が、トレードのリスクを相対的に上げることになると思います

資金量がない=証拠金維持率がさがる=強制ロスカットくらいやすくなるってことなので。

ちなみに国内口座であれば、信託保全が義務化されてるので仮に会社が倒産しても、資金は戻ってくるはずです

海外口座だと、信託保全は義務化されてないので資金がでかい人は分散すべきでしょうね!

リスクヘッジはむやみにやればいいものではなく、資金量に応じてするものです

FXの口座を複数持つのも同じ感じですね!

とはいえ、いろんな口座を試しに使ってみる意味での複数持つのはアリかと思います(最終的にはメインを絞るけど)

複数口座を使った結果、つかいやすく固めのブローカーを紹介しています。

これから口座を持とうと思ってる方は参考にどうぞ!

関連記事:現役トレーダーがおすすめするFX証券口座とその選び方