オンラインサロンやブログを使って稼ぐには?②(ヒキコモリズム/Outward Matrix対談)

プロ引きこもり@luckyman0302)だ。どうも。

この記事はoutwardmatrixというブログ著者の戦略コンサルタントshinさんと「ブログやオンラインサロンで稼ぐには?」というテーマで対談した時のログを文字起こししたものだ。ブログマネタイズやサロン運営などに興味のある方はおすすめ。前回のは下記から読めるよ。

音声はこちらから。ちょっとハウリングしてるのでごめんなさい。倍速再生がおすすめ。

前回までのまとめ。

  1. オンラインサロンはいいよね
  2. そのためにブログをしっかりやる必要がある
  3. オンラインサロンを成功させるためには「2つのフェーズ」を考える必要がある
  4. オンラインサロンを構築するためのステップ
  5. 売れるオンラインサロンを作るための大事な「あれ」とは?

では、スタート。

shinさん「確率思考の戦略論がいいのでおすすめ」

ひきこ

ひきこ
ではやりますか。
shin

shin
確率思考の戦略論って本がおもしろいんですよね。心に残ったのが、一番重要なのは「エンドユーザが何を好きなのか?」を理解してれば、確率として稼げるよという理論があったんですよ。
ひきこ

ひきこ
ふむふむ
shin

shin
ブログだったら競合ブログよりいい情報やおもしろいものを発信すればいいし、サロンだったら他よりも満足度の高いものを提供すればいいだけっていうたんじゅんな理論。
ひきこ

ひきこ
shin

shin
そうそう。
ひきこ

ひきこ
それは読んでみるしか。

shinさん「ところで聞きたいことあるんですけど….」

shin

shin
井上さんみたいにブログでガシガシ稼ぐにはどうしたらいいですか?
ひきこ

ひきこ
(え!何急に!ww)
shin

shin
ググれって言われますかね….
ひきこ

ひきこ
いやいやww
ひきこ

ひきこ
マジレスすると、ブログで稼ぎたいならそもそも何でマネタイズするのか決めといた方がいいですよね。とにかく書けって子はあんま言わないですねえ
shin

shin
ふむふむ
ひきこ

ひきこ
それがダメなわけではないんですけど、やってみて書き続けてダメなら..ってのは効率悪いなって。稼ぐ目的ならば、稼ぐまでの絵を書いた状態で走った方が絶対早いです。
shin

shin
なるほどねえ
ひきこ

ひきこ
僕も最初の1年近くはとにかく書く雑記スタイルでやってたんですけど、今のスタイルに変えた半年間の方が伸びが全然いので。今はもうアフィリだけでも1PV4~5円超えてますしね。
shin

shin
なるほどねえ
ひきこ

ひきこ
もちろんそこにはライティング力とかも必要だけど、それは後付けで付いてきますしね。結局ゴールまでの絵を描いた状態であとは走りながらアレンジしていくのが早いなって。
shin

shin
なるほどねえ。そう考えると僕と井上さん違いますね。僕は全然戦略なかったんですよ。
ひきこ

ひきこ
(戦略コンサルタント!!)
shin

shin
だって僕プチバズ起こした次の日に500字くらいの「バズってうれしいです!」記事書きましたもん。笑
ひきこ

ひきこ
それやりますよねwwで、消しますよねww半年後くらいにww
shin

shin
僕の場合はお金稼げるな感を感じてアドセンスとアマゾンをやってたんですけど、そのあと頭打ちだったのでnoteやって、今に至ったんですよね。
ひきこ

ひきこ
完全積み上げ式ですね。でもそれが一番強いんですよね。絵を書いてても結局積み上げですし。意外と突発的にやった方がうまくいったりしますしねえ。
shin

shin
全部が想定通りには行きませんからね。
ひきこ

ひきこ
なので絵を書きながらも「こうなったらこう」っていう条件分岐思考は大事ですね。これが意外とできてない人が多いんじゃないかなーって感じてます。これがあれば早いと思いますよ。
shin

shin
なるほどねえ。その条件分岐思考ってまさにそうで、何かやる時に行動するのは当たり前として、その行動に「なぜそれがうまくいったのか?行かなかったのか?」って横に広げていけるかどうかでうまくいくかが変わるんですよね。
ひきこ

ひきこ
あーありますね。一つのやったことにしっかり意味を見出してPDCA回せるのか?が大事。行き当たりばったりに理屈をつけるのが大事。なんでもそう。
shin

shin
うんうん。
ひきこ

ひきこ
とにかく書く教はよくないっすね。
shin

shin
でもそれって逆に、とにかく書かないと結果が出ないこともあるので、難しいんですよね。
ひきこ

ひきこ
そうなんですよね〜。その人のフェーズ次第なところはありますよね。書くことすらできてない人はまず書くべきだし。初心者はまずはとにかく書いて見たらいいですね。体で覚える的な。
shin

shin
すごくシンプルに成功する方法を言えば「めっちゃいい記事をめっちゃ書く」ですよね。まあそれが大変なんですけど。笑
ひきこ

ひきこ
そらそうだべww

 

最近の「白黒はっきりしないとダメ文化」について

shin

shin
僕、どれかしか選べないって理屈が嫌いなんですよ。
ひきこ

ひきこ
その心は。
shin

shin
お金と時間どっち?とか仕事と私どっち?とか。どっちも手に入れればいいじゃんって。なんで片方前提なのかなーって。どっちも手に入れられるじゃんと。
ひきこ

ひきこ
あーわかる。
shin

shin
最近はこのどっちかに寄らないといけないってのが多すぎると思うんです。
ひきこ

ひきこ
いきなり全部は無理だけど、順番つければ最後は全部取れますしね。グレーゾーンって結構大事。
ひきこ

ひきこ
サラリーマンかフリーランスかみたいな論争起きてたけど、あれも両方取ればええやんって話でしたしね。それが一番賢いし。それに今僕がサラリーマンになったら普通に幸せですよ。だって首とか怖くないし。

 

shinさん「某有名フリーランスのサロンはどう思いますか?」

ひきこ

ひきこ
あーあれはコンセプトがおもしろいですよね!しかもあの二人はカリスマ属性だから、内容云々関係なくそれなりの人数はあるまるはずです。
ひきこ

ひきこ
しかも参加者わちゃわちゃ型だと思うんで、いわゆるサロンの典型ですよね。多分、参加者がコンテンツ増やす感じになるのかな。
ひきこ

ひきこ
ユーザー課金型としては典型的な成功ぱたーんですよね。
shin

shin
なるほど。
ひきこ

ひきこ
これがもっと発展すると、企業から広告をおろしてきて、ユーザー課金じゃないところにいくんでしょうね。
shin

shin
なるほど。

両手契約型のサロンはおいしい

ひきこ

ひきこ
今後はいろんなサロンが増えるんでしょうけど、両手契約型のサロンはいいですね。ユーザーと企業から収益が生まれる。一番賢いです。
shin

shin
そうですよね。
ひきこ

ひきこ
例えば発信者の集まってるブログサロンでは、人数さえいれば企業から広告予算が降りるかも。そしたらそれをサロンのメンバーさんに広告費出して発信してもらう。そうすると中間マージンを取ることができる。
shin

shin
ウンウン。
ひきこ

ひきこ
サロンってその人の集団が形成されてる時点で、リソースとして扱うこともできるんですよ。ブロガレはあまり考えてないけど、今後はそういうのが増えるでしょうね。
shin

shin
そうでしょうね。
ひきこ

ひきこ
サロンも最終的には自分が動かない形にする方がいいでしょうね。システムなり人なりで。
shin

shin
うーんなるほど。
shin

shin
サロンはそれかつ価格以上の価値を提供すれば継続してもらえますしね。

アウトプットで殴る

shin

shin
僕の長所というか強みがあって、それがアウトプットで殴るっていうやつです。うまくいくまでやるみたいな
ひきこ

ひきこ
狙った女は落ちるまで落とすんですねわかります。(いやー俺絶対無理だw)
shin

shin
井上さんはドライですよね。笑
ひきこ

ひきこ
干からびてます
shin

shin
言ってしまえば量と質を高めりゃなんでもうまくいきますよね。

shinさん「井上さんに質問してもいいですか?」

ひきこ

ひきこ
あ、はい
shin

shin
最近のブロガレの卒業生どうですか?
ひきこ

ひきこ
いやいうまでもなくみんなすげー活躍してますよね。ツイッター上で目立ってる人ってだいたいブロガレ出てるし、そろそろ僕みんな超えていくっすよね。涙
shin

shin
なんかみんな井上さんに大なり小なり恩的なものを感じてると思うのでなんかしたいですね!ブロガレすげーぞ的な
ひきこ

ひきこ
いやそれは別に自由意志でw
shin

shin
そういうのやらないんですか?ブロガレ紹介してとか。大規模イベントとか
ひきこ

ひきこ
うーん確かにお金払えばみんな紹介しれくれるだろうし、大規模イベントしたら注目集まると思うけど、果たしてそれに影響されてきた人って僕の望んでるお客さんなのかなーって。
shin

shin
なるほど。それは哲学的ですね。
ひきこ

ひきこ
あんまり目立たせないのはわかる人だけくればいいって思ってるので。それに、紹介したい人とかはお願いしなくても勝手にしれくれるっしょと。いい場所を提供できてれば。
shin

shin
おー男前ですね。
ひきこ

ひきこ
まあ、売り上げ最大化を考えたらダメですよねwwいい戦略ではないと思いますww
shin

shin
確かに。でも自分を超えるレベルの人を何人も生み出すってすごいですよね。なかなかないと思います。
ひきこ

ひきこ
でもそれって僕がすごいんじゃなくって、本人がすごいだけだと思うんですよ。
shin

shin
ふむ。
ひきこ

ひきこ
結局、活かせる人とそうでない人がいるように、結果出た人は単純にそういうフィルターを持ってただけなんですよ。環境は同じ。でも結果が違うってのはそういうこと。
shin

shin
なるほど。
ひきこ

ひきこ
そのフィルターがある人は別に僕のところじゃなくっても同じですよ。結果は出る人だから出るんです。
shin

shin
なるほどなあ。
ひきこ

ひきこ
僕のところにたまたまいいタイミングできただけなんですよ。接点が違えば別のサロンでshinさんが生まれてたかもしれませんし。そういうのがあるので僕はあまり卒業生の話はしないんです。それでマーケティングはできるけど。
shin

shin
確かにあまりしませんね。
ひきこ

ひきこ
全てお膳だてして「やってあげた」なら僕がどやってもいいんですけど、僕はパズルのピースを渡してるだけで、組み立てたのは本人なんですよね。だからすごいのは本人ってことで。
shin

shin
確かに井上さんのとこにいったら誰でも…って訳ではないしそんなもんないですもんね。

 

ひきこ

ひきこ
そんなものがあったり、万人に結果を出させる人間がいたら僕は1000万でも出しますよ。笑

これから伸びる人は?

ひきこ

ひきこ
結局自分の頭で考えられる人は伸びますよね。言い換えればワンクッション置いて、まずは自分で考えられる人。
shin

shin
なるほどですね。
ひきこ

ひきこ
発信者になる人が受け身体質ってそもそも矛盾してるので、そういう人は時間かかるんだろうなーって感じます。
shin

shin
そうですよね〜
ひきこ

ひきこ
身銭でも時間でも、自分がなにかしらまず使って頑張ってみるってのは大事。

オンラインサロンで結果を出すためにどういう参加の仕方をすべきか?

ひきこ

ひきこ
環境は得ることは大事なんだけど、もっと大事なんがその活かし方。環境に入ることはスタートであってゴールではない。でも環境に入ることが目的になってる人が多い
ひきこ

ひきこ
それを考えるとマイノリティ=少数派に入りたいなら、その行動をすればよくって、言い換えればサロン内の大多数がしてないことをすれば2:8の法則で言えばそれだけで少数派になれる。
shin

shin
ウンウン。
ひきこ

ひきこ
受け身な人が多いならガシガシ行けばいいし。常に2割の方に入ってればいいんですよね。
shin

shin
僕もしゃしゃってすみません。笑
ひきこ

ひきこ
えwww
shin

shin
自分が発信側に回ると、自分も学ばないと行けなくなるし、感謝もされるし、みんなもっとそういうことすればいいのにって思いますね。
ひきこ

ひきこ
教える側の、提供する側の人が一番伸びるんですよね。結局自分が先を走れないと行けないから、頑張るし。実力がどうであれれ、先に2割に回る人の元に富は集まりますよね。
shin

shin
富ww

 

ひきこ

ひきこ
まあどうするかは自由意志だけど、やったほうが伸びるってのは僕ら含め、そういう参加者はみんな爆伸びしてますもんね。
shin

shin
本当にそうですよね。
shin

shin
いろんな人に言ってますが、本当に思ってる以上にアウトプットの量が少ないんですよね。インプットばかりで。それはもったいないですよね。
ひきこ

ひきこ
ほんそれ。

オンラインサロンやブログを使って稼ぐには?②まとめ

  1. ブログで稼ぎたいなら、シナリオをある程度描いておく
  2. 条件分岐思考が大事
  3. オンラインサロンは今後増えるけど、ユーザー課金モデルからは外れていく
  4. グレーゾーンに注目してみる
  5. サロンに参加する場合は、少数派になるよう行動すること

以上!対談をお送りした。感想はぜひLINE@にいただきたく思う。また、実際ブログで稼ぐぞ!オンラインサロンなどの自分のサービスを作っていきたい!と思った方は下記の記事もどうぞ。

関連記事

「ブログ飯」は全ブロガーに読んでほしい必読バイブルだ!

20万円稼ぐために1万歩毎日歩けるやつどんだけいんの?

SEOでブログ記事を上位表示させるための「読者の検索意図」を知る方法

PPAP理論。なぜペンパイナッポーアッポーペンのピコ太郎が空前のヒットをしたのか...

ワードプレステーマSTORKのトップページを固定ページにするカスタマイズ方法(動...

「学生でもできるネットで稼ぐ方法」をネットで稼ぐフリーランスがガツッとまとめてみ...