信用を得るために「打算」を感じる人は心から信用できない件

スポンサーリンク

人の信用は信用しない!プロ引きこもり(@luckyman0302)だ。どもー!

以前、「信用を稼ぐなんて愚行の極み」って記事を書いたんだけど、それに関してさらに深堀ってみようと思う。本当に信用を得るとはどういうことか?について。

信用というのは、打算を感じないからこそ生まれるもの

「信用を稼ぐ」と、声高に叫ぶ意識高い系みたいなのがとても流行ってるけど、こういうのを声高にいう人って僕は本質的に信用できない。

それはなぜか?

全てにおいて打算を感じるから。結局、信用を何かに交換する前提のギブって、重いんだよね。もちろん、表向きそれ出さなければいいんだけど、出しまくりだと

ひきこ

ひきこ
え?それも信用得るためにやってるの?w

と思ってしまう。まさにこんな感じ。👇

本当に人が人を心から信用できる瞬間は「サプライズ」なんだよ。

「キミに好きになってほしいから今から奢るね!!」

StockSnap ANESRR0FUD

もし僕がレディなら、こんなこと言われて奢られても「いや、いいっす」ってなる。笑

なんだよその好きになれっていう圧力wならねえよwwって。

というか、単純に「ダサい」んだよね。スマートじゃない。でも、人の信用を得る!と大声で叫んでギブするってこういうことなんだよ。それをネタバレしてる時点で、魅力が薄まる。

本当にいい男は、気づかないうちにさりげなくサラッとやるんだよ。

セクシー美女

セクシー美女
え?いつやったの?

くらいにさりげなく。そんで向こうが遠慮したら「今度じゃがりこでも買ってね!笑」みたいな感じでいいんだよ。そのあと「今日部屋とってるんだけど…」もしなくっていい。

そういう押し付けがましさがなくて初めて「信用」だとか「好意」を持たれるんだよ。本当の意味で。

素でGIVEできる人になることが、信用を得るための唯一の方法

本当のギブというのは、「見返り」を前提にしないことを言う。

与えて与えて与えて、そこから溢れたひとしずくのTAKEをいただく。これが本当のギブなんだよ。マザーテレサやガンジーが、

  • (殴られたくないから)非暴力!
  • 人にやさしくすると、人はあなたに何か隠された動機があるはずだ、と非難するかもしれません。それでも人にやさしくしなさい。(そうしたらメシウマできるからw)

とか考えてたら嫌でしょ。考えてたかもしれないけど。

心からのGIVEにしか、本当の信用はかえってこないと僕は考えてる。まさにマザーテレサの上記の名言のように、「相手が打算だと感じていても、こっちは打算なく心から与えよ」ってことだよね。

僕は見返りを求めないくらいのGIVEをしたい。そのために今頑張ってる。自分に溢れるほどの余裕があれば、その溢れたところでたくさんのGIVEをすることができるっしょ。

ひきこ

ひきこ
俺に感謝してくれるなら、それを他の人にリレーしてあげて!

とサラサラと言えるような男になりたい。

僕が尊敬するかっこいい大人たちは、みんなこのように打算も見返りもなく、ただただ与えている人だった。もちろん、ビジネスなら話は別だけど、人生レベルではね。

その大人たちの口癖はこうだ。

人生の師

人生の師
お前が感じたその感謝とか恩は、俺が昔同じように受け取ったものをリレーさせただけだ。俺に返すなら、お前が与えたいと思える奴に、与えられるようになれ。それでいい。

それがいい。

こっちもフォローしてね!
  1. ブログの3倍役にたつ無料メルマガ(特典や限定コミュニティあり):裏ヒキコモリズム
  2. 耳で学べる音声ラジオ(たまにふざける):ヒキコモリズムのひとりで稼ぐもん
  3. プロ引きこもりの日常やコラム(たまに動画配信):Facebookをフォローする
  4. 在宅で稼ぐプロ引きこもりのプロフィール(動画あり):ヒキコモリズム井上とは?
メルマガで無料コラム配信中

ブログの3倍有益な内容をなるべく!なるべく日刊で配信しています!

収益報告、話題のニュースへの見解、今チャレンジしてることや考えてることなどなど「在宅で稼ぐためのヒント」になるようなメッセージをお届け(たまに日記ですすんません)

扱うテーマは「お金全般、FX、仮想通貨、コンテンツビジネス論…」と広め

有料級特典も上記カテゴリーで登録時と不定期で届くよ!

裏ヒキコモリズムの詳細

関連記事

(自称)ラッパー宮森はやと(@Miyamo_H )を笑うな

人はひとりだと何もできないのに群れると強くなった気になる醜い生き物

意味のある議論と、意味のない議論について議論しようか。

子育て世代はさっさと在宅で稼ぐ働き方になろう

ファンを課金額で階層化することはクリエイターとして当たり前

ぼくが「現金ではなく信用を稼ぐ」という愚行をしない4つの理由