人間が食物連鎖のピラミッドの頂点にいる理由は「嘘つき」だから

スポンサーリンク

どうも〜プロ引きこもりのいのぴーです

突然ですが人間って最強だと思いますか?人間は、地球の支配者なんでしょうか?

僕はそうは思いません

人間は、単純に考えて食物連鎖の頂点ではありません

でも、人間は人間こそが地球で一番強いと思っている。地球を支配してると思ってる

確かに、人間が一番生物界で繁栄して個体数を増やしてる。そう考えると人間がトップとも言えます

でも、人間はクマにも勝てませんし、ライオンにも基本勝てません

関連記事:ヒグマと人間が戦うマンガ「シャトゥーン」がおもしろい!人間は食物連鎖の頂点に立ってなんかいない

単純な能力や戦闘力的には、チンパンジー以下です(筋力が桁違い)

りんごは握りつぶせないし、長時間ぶら下がることも高くジャンプすることもできません

それでも人間が実質的にトップに君臨できてる理由は僕はこう感じています

「人間は、嘘をつけるから。虚構をつくれるから。」

人間が食物連鎖のピラミッド頂点ならば、個体数は一番少ない

食物連鎖のピラミッドとはこんな感じのです

Syokumotsu rensa

上に行くほど大型動物で、下位の生物を食べる側になります

そして、上に行くほど個体数が減っていきます。下位の生物以上の数にはなれませんから(生態系的に)

そして大体のピラミッドの頂点には、人間がいます

ただ、ここで矛盾が起きます

まず、人間はいまだに人口がどんどん増えていきます。今では70億人を超えました

この数字は、ピラミッドの下位の生物を凌駕してしまっています

エネルギーの総数は変わらないのに、人間が以上なほどに増えていきます

(恐らくはその影響で小型肉食生物が絶滅に瀕してるのかと)

ピラミッドの上位は、個体数が少ないのがルールです

なのに人間はいまだに増えている

さらに、食物連鎖の頂点付近にいるのは、クマやシャチなどの大型動物です

これは単純な話なんですけど、海の中でシャチと戦って勝てる生物はいませんよね。

人間が海の中でシャチと戦って勝てるかと言えば、まあ無理でしょう。相手は戦車みたいなもんですから

クマと戦っても、殺すことはできないでしょう

襲われたけど退治したってニュースは見ますが、素手で殺したってニュースはまあ見ないですよね

つまり、本来食物連鎖の中では、人間も「捕食される側」なわけです

しかし、人間は頂点に実質的に君臨している

人間が地球上でトップの座にいるのは「嘘つき」だから

僕は人間が最強たる所以は、これだと思ってます

この嘘っていうのは、銃や核兵器を凌駕するレベルの武器だな〜と

人間生きれれば誰かにウソをつかれて、悲しい思いをしたことがあるのでは?

しかしこの嘘をつくっていうものは、基本的に人間にしかできません

比較的人間に近い猿は、群れのオスを騙してその座を奪う…っていう社内政治的なこともするらしいんですけど、でも人間のウソはもっとリアリティがあります

ウソレベルがごっつい高いです

犬やクマは嘘はつけません

嘘をつくことで相手を騙してはめ込むような真似はできません

この嘘つきの能力がえげつない状態になれば、国家の戦争を引き起こすこともできるでしょうし、核兵器の使用というパンドラの匣を開けさせることだってできます

虚構を作り、操れる人間

人間の嘘つきレベルの高さはすさまじいものがあり、騙すというかそんなレベルではなく「それが常識」というレベルにまで進化させることができます

嘘を本当に(本当だと信じ込ませる)

ってやつす

例えば宗教。これなんかはまさに嘘の塊ですよね。

信じれば救われるわけなんかないし、南無阿弥陀仏唱えれば救われるなんてこともないし、教祖のいうこと聞いれてばいいことがあるなんてこともありません

でも宗教内の「共通言語」や「共通認識」という「架空の世界のサムシング」を作り、浸透させることで、嘘を信じこませています

例えばSNSやソシャゲ

今は「日常の一部」というレベルにまで浸透してるこれですが、これも本来は虚構です

そこにはなにもないのに、まるで実社会の一部のようになってます。それでそこでの発言に一喜一憂したり、そこでの人間関係のいざこざで人が死んだりしてます

関連記事:福岡でhagex氏らしきブロガーが刺殺された件で評価経済を考える

ソシャゲというバーチャルな世界にハマりすぎて課金破産したりもします

バーチャルで、存在しない世界なのに、実社会と変にリンクさせすぎておかしなことになってることは多いです

こんな感じで、人間は嘘を用いて虚構を作り、それを嘘を用いて現実だと認識させる術があります

銃などの武器も、確かに人間の発明品ですが、あれがあるから人間はシャチやクマにも勝てるのであって、「俺たちは最強なんだ」と実感することができますが、

ひとたびそれを置いたらただの弱っちい存在です

スズメバチにすら下手したら勝てませんから

虚構を食い、食物連鎖のルールから外れた

本来、食物連鎖のピラミッドの頂点にいる場合、下位の生物以上の個体数にはなれません

なぜなら、下位の生物を食べるしかないので個体数が増えすぎると生態系が崩れるから

そして捕食者がいないので、頑張って個体を増やそうとしなくていいからです

しかし人間は違います

本来捕食される側なのに、嘘を使って自分より上位の生物を捕食することに成功しました。それも必要以上に

そして本来食べてる植物や小型動物を食べることもできます

現代では「科学」の力を使って「自然にはない食べ物」を作ることもできるようになりました

コンビニなどに売ってるお菓子や菓子パンのほとんどが「科学の力で作られた食べ物もどき」ですよね

食品表示を見ればわかりますが、ほぼ化学物質でできてます

つまり、食べ物にすら「嘘」を使い始め、それを食べ物だと信じ、僕らはそれを買って食べているわけです

つまり食物連鎖の外のものを虚構で作って生きることができています

そしてその嘘を作る副産物が、自然の破壊となって実際の食物連鎖のピラミッドを外から壊してる

つまり、僕らは虚構を作り、虚構の世界で生きているということになります

ディ○ニーランドに行かなくても年中ある意味ディズニーなのです

これは他の動物にはできませんね。だから人間は最強なんでしょう

人間界のピラミッドの頂点に立つ人も、嘘つきである

人間の世界のピラミッドの上の方に立つ人は、基本的には嘘つきです

人間みんな嘘つきですが、その中でのその能力が突出して高いと言えます

先にも書いた宗教もですが、最近は大小問わずいろんな宗教があります

そこでは「人生の真理」的なのを説いてるのでしょうが、神でもない肉の塊が真理なんて知ってるはずないんですよ。冷静に考えればですけど

でも、その「嘘」を信じこませることで信者にして、信者から「お布施という名の合法的カツアゲ」をしてうまい飯が食えるってわけですね

日本では宗教法人は無税ですし

「このお金はより良い社会に…」とか表向きにはいってたりするでしょうが、そのお金は教祖の私欲のために使われるのがほとんどです

会社などもそうです

「人々の健康のため」というスローガンを掲げてる会社の製品が、添加物や化学物質てんこ盛りだったりもします

それを一般市民は信じているわけですけどもね

政治もそうです

選挙前と後で言うことが間反対だったりすることなんてデフォルトです

つまり「ビジネスシーン」でも上に行く人のほとんどが、本質的にはモーレツな嘘つきだったりします

よく「詐欺ビジネス」などネットで騒いでる人を見かけますが、冷静に考えると大抵のビジネスは本質的には詐欺に近いですよね

美容液使ってキレイになるってのもそうです。そもそも美容液使ってない間にキレイな人いるっしょ?なんで後からそれ使えばキレイになるのっていう…

でも企業はそれを信じこませて課金してもらわないけないわけです

この「嘘なんだけど本当のようで、実際は嘘」っていうダブルスタンダードもトリプルスタンダードもできちゃうのが人間のすごいところなんですよね

人間は嘘をつくことで、食物連鎖などあらゆるピラミッドの頂点にたった

言ってしまえば、この「人間is頂点」っていうのも一種の虚構なんですけどもね

毒グモにも本来勝てませんので人間は。ええ

ただ、こんな感じでありとあらゆる嘘をつくことで、人間は自然界で勝ち、文明を発展させ、今日も人間同士であらゆる嘘のちちくりあいをして人間ピラミッドを上ろうとしてます

そんな視点でこの世界を見てると、切ないような、おもしろいような複雑な心境になれるのでおすすめです

また、この「嘘つき」という強烈な武器が、人間史上どういう風に使われてきて、どう進化してきたのか?というのは、サピエンス全史を読むと鮮明に理解できます

人間の本質に迫る一冊ですので、ぜひ読んでみてください。まじで学びが深い一冊です

Amazonで本を買うならこちらを利用するとお得です👇

>>アマゾンが1000円の無料配布的キャンペーンをやってる件

こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. いのぴーのプロフィール(動画あり):プロ引きこもりとは?
  3. プッシュ通知で更新情報をうけとる:

最新記事一覧はこちら

関連記事

思考停止してる人はビートたけし(北野武)の「超思考」を読んだらいいよ

「仕事のデキる人」になりたい人が読むべきビジネス書11選

「ブログ飯」は全ブロガーに読んでほしい必読バイブルだ!

FXをこれから始める初心者は必読のおすすめ本を厳選してまとめる

ネットで稼ぐフリーランスが、ネットで稼ぎたい人におすすめするビジネス書100選(...

高城剛さんの未来予測本「2035年の世界」を読んで未来を想像する