noteで好きを仕事にして稼ぐ方法を、無名だけどnoteで月間2~30万稼ぐ人に聞いてみた②

プロ引きこもり(@luckyman0302)だよ。ども。

サロン卒業生でnoteだけで月に20~30万円稼ぐ猛者にいろいろ聞いてるシリーズの続きをば。前半は以下からどうぞ。

では早速!

コンテンツリサイクルの考え方

ひきこ

ひきこ
無料のコンテンツはリサイクルしないの?

LINE@のログ公開して、記事作って、LINE@はこちらって。

ぼくがよくやるのは、LINE@のコンテンツを記事にしたり、Facebookにアップして、LINE@のリンクを貼る的な。

単純にコピペなんですが、結構増えるんですよ、フォロワー。Twitter増やすより簡単ですよ。ここ最近で250名くらい増えてますもん。

吉田さん

吉田さん
へー!すごい。
ひきこ

ひきこ
やったことって、Facebookの個人ページにLINE@のログをたまーに貼ったりして、コメント欄にリンクを貼ること。

スマホで見てもらったらわかるんですが、「在宅で稼ぐを研究しています」みたいな画像あるじゃないですか。

あれ作って誘導してから、めちゃ増えましたね。

Twitterにも固定したり。あとは、LINE@で配信した内容を記事にしたり、あとは未来を見せるということで、Twitterで、いついつの何時にこんな内容の配信をしますよーって見せたりとか。

吉田さん

吉田さん
やって見ます!

noteをこれからやる人が、まず気をつけること。

ひきこ

ひきこ
ぼくが、吉田さんから学んだのは「セールスならLINE@・知ってもらうんならブログ」ここですね。

ノウハウ系って、みんな隠すじゃないですか。でも、そこを公開しまくったらPV数も毎月2万ずつくらい増えてきてるんですよね。

ただ、僕はブログメインで書いちゃってるのでLINE@で何を流すのか悩んでたんですが、勉強になったなー。

ちなみに、noteこれからやる人いるじゃないですか。経験上こういうことやらない方がいいよとかありますか?

吉田さん

吉田さん
  1. 量と質が中途半端なことはしない方がいい。これは、中途半端だと、リピートにつながらないから。
  2. 得意なこと・好きなことをコンテンツにすること。これは得意なこと・好きなことでないと、更新するスピードが減っちゃうから。
  3. 他のところよりも安く。

ですね。

他のところだと、5,000円とか10,000円するところを980円でしかも動画も付いている、、とか。

あと、値段ですよね。1,980円でノートを売って、継続課金で500円とか。安いって思うかもしれませんが、この積み重ねって大きいと思ってます。

ここで、ポイントは1,000円を超えないこと。1,000円の壁ってあると思うんです。

Apple Musicもそうだし、大手でも、ここを超えないようにわざとしていると思うんです。

ひきこ

ひきこ
確かに。はあちゅうさんや、イケハヤさんレベルでも安いですからね。
水準あげて欲しいですよね。笑

ちなみにこれから始める人は、単発のと、月額のどっちから始めるのがオススメですか?

noteでマネタイズするなら、単発でコンテンツを打ってみる「成功体験」を積もう

ひきこ

ひきこ
ちなみに俺は月額。

積み上げていきつつも、その中の月額制のマガジンを単発のマガジンにして、2倍の値段で売るんです。

そうすると、noteの仕様上ここから先を見るには…の表示がでて、1,000円で単発で買うか、
500円で月額マガジン購読するかの選択肢出るじゃないですか。

その場合、やっぱ500円が引き立つじゃないですか。半分やし。

で、月額に誘導するっていうやり方。っていうやり方ができるかなと。

吉田さん

吉田さん
う~ん。ぼくはなんとも言えないなぁ。

単発を何本も作ったりとか。量を多めにバーっと作って。1個商品を作っちゃう。そっちの方がプレッシャーも少ないかなと。

月額だと、最初から「更新し続けないといけない感」ありますよね?それが重いなあと。

ひきこ

ひきこ
単発は終わりがあるからいいですよね。
吉田さん

吉田さん
そうなんです。

ぼくもそうなんですけど、商品を作ったことがなかったですし、作るって過程があまりない。

その面で、一度noteをパンと作ったら、自分の商品にだってなるじゃないですか。そのハードルが、単発noteって低いですし、売れた時の喜びってすごいじゃないですか。

ひきこ

ひきこ
そうだった、俺も。

そういえば、俺も実は単発のnoteから始めたんですよ。500円からスタートして、気づけばそのマガジンは6,980円まで行ってるんですけど。

売れてから、「売れる」って自信がついたのと、コンテンツ作りのコツはわかりましたね。

で、そこを月額に応用して行ったら、消耗したという。

サロンだと卒業ってあるけど、ノートだとないじゃないですか。笑

いつまで続けたらいいんだろうって。

noteマネタイズなら、自分の商品でしっかりマネタイズできる

吉田さん

吉田さん
アフィリエイトっていうか、他人の商材を売るよりも、自分の商品を売った方がいいじゃないですか。

利益率とかも。承認されるとかされないとかもないし。

だから僕はアフィリエイトではなく自分のコンテンツを作ってます。

自信持って売れるし。

ひきこ

ひきこ
ちなみに、noteの中でアフィリエイトとかしてます?

それやったがいいですよ。

noteってその単発だと金額少ないでしょ?その中で、どこかの企業さんのアフィリリンクを貼ったり、最後に誘導かけたりして、そこでサービスの登録があったりすると、普通にアフィリエイト報酬が入ってくる。

noteがフロント、アフィリがバック、最終バックエンドがサロン、こんな感じのイメージです。

買ってくれてるから、信用してくれてるんですよね。そもそも。だから、その中でプッシュすると、一定割合買ってくれます。

吉田さん

吉田さん
なるほど!

noteコラボマガジンに関して

ひきこ

ひきこ
ちなみに、コラボマガジンってどうです?ぼくは大変でした。
吉田さん

吉田さん
ぼくはやったことないんです。
ひきこ

ひきこ
これ、編集能力とコミュ力が問われるんです。

二人が交互にアップして行っても大して面白くないじゃないですか。

その中でも対談やる~とか、そういう工夫が必要になるんですよね。つまり必然的にコミュニケーション能力が必要になる。

となると、そういうのが苦手な人は、きつくなるんですよ。ぼくは向いてなかった。

吉田さん

吉田さん
役割分担ができればいいかもしれませんが、お互いが集客からなんでもできる人だったら、別々にやった方が早いんでしょうね。
ひきこ

ひきこ
そうそう、テニプリでいう、桃城と越前のダブルス的な。

コンテンツの幅は広くなりますが、動きが鈍くなりますよね。

ウッてなるし、あとただただ気を使う。

だから、やるんだったら、雑誌的なテーマで、週替わりで各自が投稿していくのがいいかなと。

吉田さん

吉田さん
4人とか5人とかで回したりとか。
ひきこ

ひきこ
理学療法士で得意分野があるんであれば、それぞれが集まって、得意分野で投稿して行って、1つのマガジンを作るとか面白いかもしれませんね。

noteマネタイズ質問タイム(対談配信時)

ひきこ

ひきこ
ここからは視聴者さんの質問タイム!
ひきこ

ひきこ
あ、ここで質問が。

「出そうと思えばブログ記事でもnoteの内容出せると思うんですが、その線引きありますか?変な言い方出し惜しみみたいな。」

これ、どーすか?

吉田さん

吉田さん
ちょい出しはよくします。

noteの購入者がいるので、ブログでも発信しますが「続きはこちら」的な感じで、noteに優位性をつけたりします。

ひきこ

ひきこ
すげぇ。エロいわ〜。

俺、全部出したりしてるw

そして質問めっちゃきた。「吉田さんのnote販売前のブログのPV数と記事数が知りたいです。」これは?

吉田さん

吉田さん
ぼくは全然ですよ。月間5万PVくらいだったかな。
ひきこ

ひきこ
あ、でも5万はあったんだ。記事は?
吉田さん

吉田さん
記事は100くらいです。

井上さんのサロンのリライトコンテンツを見ていい記事だけ残したら、200くらいは前あったんですが、100くらいになりました。

それでも本当に伸びました。素直にやったら伸びますね。

ひきこ

ひきこ
それは嬉しい。素で言ってくれてるのが嬉しいね。
ひきこ

ひきこ
「ブログなどでちょい出しする場合、同じテーマで浅くする感じですか?」

だって。

吉田さん

吉田さん
そうですね
ひきこ

ひきこ
俺、続きはこちらからってするのが苦手なんだよな~。なんかやらしくて。
吉田さん

吉田さん
そんなあからさま風にしなくても、記事の中でさらっと書いてもらってもいいかもですよ。

あと、noteって無料で見れるところと、有料じゃないと見れないところとあるじゃないですか。あの無料のところが大事だと思います。

あそこで、ちゃんと誘導文を書けてないと見てくれないと思います。

ぼくはあそこで、そのnoteの優位性をたっぷりアピールします。

ひきこ

ひきこ
じゃあオススメの構成とかあります?
吉田さん

吉田さん
  • どんな人に勝って欲しい
  • メリット何?
  • どういう内容?
  • どれだけのボリューム?
  • 自分の優位性は何?

あたりをわかるように。ですね。

ひきこ

ひきこ
なるほどね、吉田さんの中で、一番売れているものは?誘導文でこれいけてるっていう傑作のやつ
吉田さん

吉田さん
これです。

内容は専門家向けですが、こんな感じで、内容とボリュームがしっかりとわかるような感じで書いてもらったらいいかと。

あとは、前半の無料部分に動画を1個載せちゃうとか。無料でこれあるけど、あと10本ありますけど?的な。

ノートはある種売り込まないといけないので、そこはやっちゃっていいと思います。

ひきこ

ひきこ
あと、「noteはよくわからないんですが、一般論としてnoteのコンテンツの外部流出(パクリ)はないんでしょうか?」ってきてますが。これありえますよね?

コピペ出来るし。余裕でありそう。しかも有料で買ってからだから相手が買わない限りパクリかわかんないし。

吉田さん

吉田さん
そうですね。ただ、自分の場合だと稼ぐにしても気持ちい稼ぎ方したいですけどねー。
ひきこ

ひきこ
パクリジナルまで行けばいいけど、パクリだとNGだよねえ。

でも一定数いそう。それはブログでも同じだから。それ覚悟してやるしかないかなあ。

パクられたとしても、自分がオリジナルですよー的な。類似コンテンツがあっても、パクられた場合もあるので責任は負えないってことを書くのもありかな。

ちなみにnoteはSEOがないに等しいから、ブログコンテンツを編集して売るのはありかと思います。

吉田さん

吉田さん
「noteで使う動画はパワーポイントでも構わないのでしょうか?」

これ、構わないと思います。顔出さないと行けないってのもないんで。

noteの次に来るもの

ひきこ

ひきこ
noteとは関係無いけど、個人的には次に来るのはライブコミュニティだと思うなあ。

ライブ配信をメインコンテンツにしたコミュニティ。サロンというのかわからないけど。

商品を買って、課金してくれたユーザーをフェイスブックに集めて、週一でFacebookでライブ配信して相談会やるとか。無料でもいいし。

多分そういうのニーズあるんですよ。それの動画もリサイクルしたらいいし。

ひきこ

ひきこ
ぼくの場合だと、相談したい人は多いらしんですよ。

でもLINE@だと個別返信するのメンドくさいんですよ。ぶっちゃけ。

サロンの人ならいいんですけど、サロン外の馬の骨たちが、だいたい同じ質問をしてきたりとか。

そんな人たちに対して、Facebookライブで質問してもらって、まとめて答える的な。んで、いいなって思ったら、欲しいものくれー的な。そういうコミュニティいいと思う。

吉田さん

吉田さん
音楽の人とか良いですよね。
ひきこ

ひきこ
そう。ビジネス系の人もニーズあるけど、規模がちっさい。音楽だったり絵を描いたりのエンタメ系は非常にいい。

吉田さんも、体のストレッチをライブ配信したらおもしろいと思いますよ。体操のお兄さん的な。

ちなみにライブ配信のコツは不定期ではなくて、固定しちゃう。毎週金曜日22時からとか。日程決めてたら、日程調整しやすいかなと。

吉田さん

吉田さん
でもインスタがあり、テレビがあり、、ライバル多くないですか?
ひきこ

ひきこ
ブロガー的な視点でいうと、規模は狭いけど一定数フォロワーがいる。その中でコミュニケーションを取る機会って、実はそんなに無い。

イベントやりまくってる人は別として。

そんな中で閉じた空間でライブ配信してコミュニケーション取るとしたら、普通に盛り上がると思う。

番組というか、ヒカキンと絡める感じですね。でもそのレベルの人もあんまりやってないっていう。

まとめ。noteでしっかりマネタイズするために…

  1. 売り方は、ほとんどが単発でいい
  2. 購入者メッセージを使って、更新通知や次回作の予告をしたらグンと伸びた
  3. 売り上げが一番上がったのは、バナーを外してLINE@で導線を絞ってから
  4. マーケティングとしては記事にベタベタリンク貼るだけではなく、LINE@でガンガンフリーの価値を提供して、月に1回くらい告知する
  5. ブログからLINE@へ誘導して、そこから優良コンテンツをガンガン配信して、信用を積む
  6. noteは、量と質が中途半端なことはしない方がいい。
  7. 他のところよりも安く。かつコンテンツの質と量は高く。
  8. ポイントは1,000円を超えないこと。(1,000円の壁:Apple Music等の大手でも、ここを超えないようにしてそう)
  9. ブログでも一部公開するが、「続きはこちら」的な感じで、noteに優位性をつける。
  10. 誘導文は、「どういう内容で、どれだけのボリュームなのか」がわかるようにするべし。
  11. noteはSEOがないから、手始めに、あまり読まれてないけど、ニーズがあるブログコンテンツを探して、編集して売るのはあり。

これ以上の内容が詰め込まれたnoteはこちら。現在どんどん売れてるみたい。値上げも考えてるみたいなので、早めにどうぞ。

関連記事

ブロガーにおすすめなワードプレスのテーマはSTORKしか考えられない4つの理由(...

検索で上位表示して読ませるブログ記事タイトルの付け方のコツとキーワード選定の方法...

やっぱり「石の上にも三年」って老害ワードは正しいと思うんだ

障害者に、チャンスを。苦難を乗り越えて活躍する一級障害者のだいちゃんがすごい!

最強のキャリア論。サラリーマンVSフリーランス論争に終止符を打とう

【ブログ初心者向け】ワードプレスでブログを始める時にやるべき設定まとめ